KAWAMURA奨学制度

KAWAMURA奨学制度が充実!

川村学園女子大学では、入試成績優秀者や検定資格取得者、 遠隔地居住者を対象に、授業料・施設費の免除や 一人暮らしの支援をする制度を導入しています。 この制度を利用して多くの学生が本学で学んでいます。

1.成績優秀者特待生制度 一般入試Ⅰ・Ⅱ期 センター試験利用入試Ⅰ期・Ⅱ期で実施
授業料・施設費を最大4年間免除 約358万円
一般入試Ⅰ期 上位 1~20位 授業料・施設費(年額896,000円)を4年間免除
~40位 授業料・施設費(年額896,000円)の半額を4年間免除
一般入試Ⅱ期 上位 1~10位 授業料・施設費(年額896,000円)を4年間免除
センター試験利用入試Ⅰ期 上位 1~10位 授業料・施設費(年額896,000円)を4年間免除
~20位 授業料・施設費(年額896,000円)の半額を4年間免除
センター試験利用入試Ⅱ期 上位 1~5位 授業料・施設費(年額896,000円)を4年間免除
条件
一般入試Ⅰ期
●4年間免除 2科目の合計得点が160点以上(1科目の得点が70点以上) ●半額を4年間免除 2科目の合計得点が140点以上(1科目の得点が70点以上)
一般入試Ⅱ期
●4年間免除 2科目の合計得点が160点以上(1科目の得点が70点以上)
センター試験利用入試Ⅰ期
●4年間免除 2教科2科目の合計得点の得点率が80%以上 ●半額を4年間免除 2教科2科目の合計得点の得点率が70%以上
センター試験利用入試Ⅱ期
●4年間免除 2教科2科目の合計得点の得点率が80%以上
免除の継続 : 免除の継続は、学年末の成績(GPA)評価により所属学年全体において原則として上位40%以内に位置していることが条件となります。※GPAとは5段階評価の成績を得点化する方法です。
  • ※推薦入学試験(指定校・公募)、AO入学試験等の合格者については、入学検定料免除で、成績優秀者特待生制度にチャレンジ可能です。
    なお、特待生入試は、特待生の権利を得たかどうかについて判定するものであり、すでに合格している学科について合否判定するものではありません。
2.検定資格特待生制度

全入学試験対象
(ただし3月16日(金)以降のAO入試合格者および編入学試験、大学院入試は除く)

授業料・施設費を最大4年間免除 約358万円
英検1級・TOEIC(Listening&Reading)850点以上
・TOEFL(iBT)88点以上のいずれかの資格取得者
授業料・施設費
(896,000円/年)を4年間免除
※英検1級取得者については単位認定制度があります。
英検準1級・英検2級・TOEIC(Listening&Reading)550点以上
・TOEFL(iBT)50点以上のいずれかの資格取得者
授業料・施設費の半額
(448,000円/年)を4年間免除
※英検準1級取得者については単位認定制度があります。
英検準2級・TOEIC(Listening&Reading)450点以上
・TOEFL(iBT)40点以上のいずれかの資格取得者
授業料・施設費の半額
(448,000円)を2年間免除
免除の継続 : 免除の継続は、学年末の成績(GPA)評価により所属学年全体において原則として上位50%以内に位置していることが条件となります。※GPAとは5段階評価の成績を得点化する方法です。
3.遠隔地居住者支援制度

全入学試験対象(編入学試験、大学院入試は除く)

遠隔地居住者を対象に年間180,000円の補助を行います。
※原則、興文寮(42室)に空室がある場合を除く。

条件
  • ●賃貸住宅に一人暮らしをする方。(興文寮及び親戚・親族宅下宿者は除く)
  • ●家計支持者の「最新の所得証明書」記載の収入または所得金額が以下の方。
    給与・年金収入額(課税前)850万円未満(日本学生支援機構第一種奨学金基準に準拠)
    その他、事業所得金額:370万円未満
4.褒賞制度

入学後に次の条件を満たした場合は奨励金を授与致します

  1. (1)英検1級・TOEIC(Listening&Reading)850点以上・TOEFL(iBT)88点以上の
    いずれかの資格を取得した場合
  2. (2)英検準1級・TOEIC(Listening&Reading)720点以上・TOEFL(iBT)70点以上の
    いずれかの資格を取得した場合
  3. (3)英検2級・TOEIC(Listening&Reading)550点以上・TOEFL(iBT)50点以上の
    いずれかの資格を取得した場合
※成績優秀者特待生制度と検定資格特待生制度の併用はできません。
 詳細については平成30年度入学試験要項でご確認ください。