児童教育学科

児童教育学科 NEWS

児童教育学科の「特色」

  1. 1. 1年次からさまざまな教育現場で学ぶことができる

    1年次の「基礎ゼミナール」では地域の小学校を訪問します。校長先生の講話で教師という仕事の魅力や意義を学び、授業参観で子どもの学びの姿にふれます。ボランティア活動、教育インターンシップ、教育実習、と教育現場の体験を積み重ね、実践力を磨きます。

  2. 2. 優れたコミュニケーション能力を育成

    2年次の「児童教育基礎演習」では小グループでプレゼンテーションの技法を実践的に学びます。「介護等体験」や、地域や学校のボランティア活動で様々な人々に出会い、人との接し方を実地に学ぶことを通して、コミュニケーションの楽しさを知り、自信をつけます。

  3. 3. 夢への一歩。教員採用試験対策が充実

    体系的な教職科目の履修と並んで、教員採用試験対策講習会、模擬試験などを実施して、教員採用試験に備えます。3年次では面接試験対策の個人指導や、集団行動、体育実技、模擬授業、場面指導など、採用試験に即した指導が充実しています。

児童教育学科の「学び」

教職に関する専門的知識と技能の習得、自動理解に役立つカウセリング・マインドの習得、小学校教員として幅広い教養と豊かな感性を磨くこと⇒小学校教育に対する強い情熱と優れた実践力ある教員の養成

KAWAJOのささえるちから

  • 近隣の小学校などさまざまな教育現場で学ぶ機会があります。
  • ポートフォリオを活用し基礎から応用へと着実に段階を進んでいける指導を行っています。
  • 在学生と卒業生の教員ネットワーク「卒業生オフィス」を設置しています。

KAWAJOの未来

教育に関する専門的知識・技能・態度を身につけます。2年次より始まる教育インターンシップや教職インターンシップでは、学校現場での体験を通して小学校教員として求められる実践力を育みます。さらに、現職教員から学べる「卒業生オフィス」や「教員採用模擬試験」などを経て、教員採用試験に挑みます。

目標
  1. 1
    小学校教員として求められる
    実践力を身につける
  2. 2
    教員採用試験の合格
報告

教員志望者(教諭・講師)

就職率100%教育実習や小学校での学習支援ボランティアなど、本学学生の学校現場における評価は高い。これが教員就職率100%という成果に表れている。