日本文化学科

日本文化学科 NEWS

日本文化学科の「特色」

  1. 1. 文学・言語・美術・民俗など多方面から「日本」を学びます

    日本の文学・言語・美術・民俗・伝統芸能は文化的遺産です。日本文化学科では、このような多方面にわたる文化的遺産について、理論と実技から深く探究していくことで、さまざまな角度から「日本」を学び、世界に発信する力を養います。

  2. 2. 茶道・華道・書道・日本画・日舞・能、日本の伝統文化を実体験

    伝統文化の多様な実技を、プロのアーティストの指導によって直接学ぶことができるのは、他にはない本学科の大きな特色です。また、歌舞伎など伝統芸能の鑑賞教室や、美術館・博物館・寺社などの学外見学の授業も充実しており、実体験による学習を重視しています。

  3. 3. 国語科教員、日本語教員+αの資格取得が可能

    中学校・高等学校の国語科教員免許、日本語教員の養成、図書館司書資格、博物館学芸員資格、日本漢字能力検定(2級以上)など、本学科での学びがダイレクトにつながる各資格の取得と、さらにその資格を活かした就職について、力強くサポートします。

日本文化学科の「学び」

言葉をみがく、美にふれる、型を学ぶ⇒自分のことばで発信できる人

KAWAJOのささえるちから

  • 美しい日本語力をサポート
  • 各種の資格取得をサポート
  • 様々な日本文化に触れる機会をサポート
  • 国語の教員になる夢をサポート
  • プロのアーティストが伝統文化体験をサポート
  • 教室の中でも外でも学びをサポート

KAWAJOの未来

文学・言語・美術・民俗・伝統芸能などの幅広い分野から、日本の文化を深く学び、「和」の知識と教養を活かして社会で活躍できる力を養います。関連する各種資格を取得し、日本文化を広く発信していく力を身につけます。

目標
  1. 1
    日本文化を総合的に
    学んで実践できる
  2. 2
    国語科教員免許をはじめ
    日本文化に関する各種の資格取得
報告
昨年度の教員採用試験受験者は「全員」が、今年度から教壇に立ちます。