日本文化学科

日本文化学科 NEWS
 

日本文化学科の「特色」

1   文学・言語・美術・伝統芸能・民俗 ー さまざまな角度から「日本」を学ぼう
文学・言語・美術・伝統芸能・民俗は、日本の “ 文化的遺産 ” です。いろいろな面から「日本」を学び、興味と知識を深めてゆきましょう。
     
2   日本のこころとかたちを実体験しよう
「茶道」「華道」「書道」「日本画」「日本舞踊」「能の仕舞・謡い」など、伝統的な文化の実技を一流の先生たちから学ぶことができます。これは、他大学では見られない本学の大きな特色です。また、能や歌舞伎の鑑賞、美術館や博物館の見学など、学外での学習も充実。実体験と理論のコラボレーションで、あなたの知性と感性をみがきます。
     
3   国語科教員・司書・学芸員・日本語教員・漢字検定。資格取得を力強くサポート
大学での学びをダイレクトに活かせる資格の取得、さらに、その資格が活かせる就職の支援は、本学科の柱のひとつです。

日本文化学科の「学び」


基礎を学び、専門性を深めてこそ、自ら発信できる力をしっかりと育てられます。まずは基礎・基本が大切。一段一段ステップを踏んで、グローバルに考える力を養います。

1年次
日本文化の学び方の 基礎を身につけます。まず、自分自身の疑問点の整理と解決方法です。何をどのように調べるかを学びます。
2年次
日本文化のどの方面に自分の興味があるのかを見定めましょう。言語・文学・伝統芸能・芸術・民俗のどれかに焦点を絞っていく時期です。
3年次
興味をさらに掘り下げましょう。ゼミはかなり専門的になります。研究方法をさらに深く身につけます。創意・工夫が大切になってきます。
4年次
卒業論文を完成させます。これまで学んだことを活かしテーマを設定して深く考え、論理的にまとめます。達成感が味わえます。

 
先輩! 教えて、知りたい。KAWAMURA LIFE

川村を選んだ理由
「和」について学べ、国語の教員免許が取得でき、女子大という落ち着いた環境だったから。オープンキャンパスの体験授業も好印象でした。
将来の夢
国語の楽しさを伝えられる教師になりたいです。
わたしの「これがあれば元気!」
新撰組に只今心酔中! 関連書籍が揃ってい る図書館に感謝!
体験し実践する多彩な授業を通して「和」への造詣を深めます。
日本文化を学び、グローバル時代を生き抜く能力を蓄える。
グローバル時代だからこそ、日本文化の知識を深めておく意義は大きいと考えます。就職活動でもそれは頼もしい個性になるはず。と、志を高く掲げつつ、日本文学や民話、伝統芸能と、魅力あふれる科目に惹かれ本学科を選びました。書道や鳥獣戯画を描く日本画など、ここでしか出会えない実技にも楽しく挑戦中です。
心の豊かさを育む、国語教師になる未来を見つけました。
「近代文学を読む」では作家の生涯を辿って、作品を読み返し、「日本の民話・神話」では都市伝説から民話の成り立ちを考察したりします。本学科では題材をあらゆる角度から深掘りし、日本語や日本文学の豊かさを再確認できます。想像力の源となる、そんな国語の素晴らしさを伝えたいと真剣に教師になろうと考えるようになりました。
バラエティ豊かな資格に多くの学生が挑んでいます。
好きな作家は違っても読書好きという点ではみな同じ。そんな学科の仲間とは、休み時間にも好きな本のプレゼン大会で盛り上がり、とても気が合います。少人数なので先生方との距離が近く、研究室で雑談に花を咲かせることもしばしば。図書館司書や日本語教員など、好きなことを仕事につなげたいと、学生の多くが資格取得にも力を入れています。
時間割
大学の時間割は、自分で決めることができます。興味のある科目をキャッチすれば、あなたの個性が発揮されますし、さらに深い知識も得ることができるでしょう。
 
2年次の時間割例

 
1   日本語の歴史      
2 日本文化実技V
(日本画)
日本文学史 古典文学を読む 英語II 世界の中の
日本文学
3 日本語教育入門   日本の伝統芸能 図書館概論 国語科教育法I・II
4   日本の宗教と思想      
5 日本の民話・神話 博物館経営論      
 
3年次の時間割例

 
1          
2 文章表現法 博物館概説 漢文学 博物館資料論 文化と女性
3 近代文学を読む 日本語教授法
(中上級編)
     
4     キャリア・プランニング 国語科教育法 日本文化専門演習V
(日本美術)
5   日本の祭りと儀礼     教育相談
 
主専攻 副専攻(女性学) 主専攻・副専攻をかねる科目