心理学科

心理学科 NEWS

心理学科の「特色」

  1. 1. 心理学の主要な分野が学べるカリキュラム

    心理学の主要な分野をすべて学ぶことができます。他大学の臨床が中心の心理学科とは異なり、臨床心理学だけではなく、発達心理学、社会心理学、認知心理学を広く学び、さらに、自分の興味にあった分野をさらに深く学ぶことができます。

  2. 2. さまざまな体験型授業を通して楽しく学びます

    豊富な実習科目やアクティブ・ラーニング科目を通じて、体験しながら楽しく心理学を学びます。学生どうしで協力しながら、一緒に問題を解決する方法を身につけます。コミュニケーションや情報処理の技術も身につけることができます。

  3. 3. 国家資格をはじめ知識と技能を社会で活かすことをめざします

    社会調査士(学部)や臨床心理士(大学院)など各種資格の取得を支援します。心理学を通して学ぶ知識と技能を、さまざまな社会の場で活かすことができます。新しく生まれた国家資格「公認心理師」対応の準備も進んでいます。

心理学科の「学び」

心理学の基本知識や心を知るための方法を学ぶ「テスト」「観察」「実験」→自分の興味のある心理学を探して深く学ぶ「臨床」「社会」「発達」「認知」学びを活かして豊かな人生をおくり社会に貢献できる人になる「大学院進学」「心理専門職」「一般企業」「公務員」

KAWAJOのささえるちから

  • ビジネスや産業、教育、福祉、臨床現場など心理学を通じて社会で生きる力を育みます。
  • 資格取得のための支援や大学院進学のための相談会を実施しています。
  • 1・2年生のために就職内定者の報告会を行っています。

KAWAJOの未来

全学生が「認知」「社会」「発達」「臨床」の4領域にわたる知識と技能を身につけます。また、卒業論文においては、卒業年次生のほとんどが実証的な研究を実施し、データ分析に従った科学的な論文を書き上げます。また、学部段階で取得が可能な社会調査士(キャンディデイト)の取得にチャレンジすることもできます。

目標
  1. 1
    広く体系的に
    心理学を理解する
  2. 2
    社会調査士の取得
報告

10名が社会調査士を取得

社会調査士とは…社団法人 社会調査協会が認定する資格で、世論や市場動向などの社会調査に関する調査・分析能力を持ち、問題点の改善提案などができる能力を持つ者に与えられる資格です。社会調査を行っている企業や部署(調査機関や新聞社、放送局、官公庁などで活かすことができます。