心理学科

心理学科 NEWS

心理学科の「特色」

  1. 1. 心理学の主要な分野が学べるカリキュラム

    心理学の主要な分野をすべて学ぶことができます。他大学の臨床が中心の心理学科とは異なり、臨床心理学だけではなく、発達心理学、社会心理学、認知心理学を広く学び、さらに、自分の興味にあった分野をさらに深く学ぶことができます。

  2. 2. 知識と技能を社会で活かすことをめざします

    心理学を通して学ぶ知識と技能を社会で活かすことをめざします。国家資格「公認心理師」にいち早く対応。また、臨床心理士第1種指定大学院として、こころの専門家になる人を支援します。「社会調査士」のようにビジネスや産業で活かせる資格もめざせます。

  3. 3. さまざまな体験型授業を通して楽しく学びます

    豊富な実習科目やアクティブ・ラーニング科目を通じて、体験しながら楽しく心理学を学びます。学生どうしで協力しながら、一緒に問題を解決する方法を身につけます。コミュニケーションや情報処理の技術も身につけることができます。

心理学科の「学び」

心理学の基本知識や心を知るための方法を学ぶ「テスト」「観察」「実験」→自分の興味のある心理学を探して深く学ぶ「臨床」「社会」「発達」「認知」学びを活かして豊かな人生をおくり社会に貢献できる人になる「大学院進学」「心理専門職」「一般企業」「公務員」

KAWAJOのささえるちから

  • 心理学の学びを通じて、すこやかで、折れない、錆びないこころを培い、社会の中で活躍できる力を育てます。
  • 公認心理師をはじめ、各種の資格取得や大学院進学の相談会を実施しています。
  • 1,2年生のために、公認心理師の実習説明会や就職の内定報告会を行っています。

KAWAJOの未来

「認知」「社会」「発達」「臨床」と多様な分野と研究法を学び、「心理実習(入門)」「心理実習(基礎)」「心理実習(応用)」と段階的に臨床現場に触れて、心理臨床か一般就職か、進むべき選択肢をしっかりと理解してから、自分に合った未来を目指してゆきます。

目標
  1. 1
    4つの分野から広く心理学を理解する
  2. 2
    実験や実習を通して、心理学の知識や
    研究法の技術をしっかりと修得する
  3. 3
    心理臨床や社会調査など、
    自分に合った専門資格の取得を目指す
報告

国家資格「公認心理師」カリキュラム開始
9名が社会調査士を取得

心理臨床で活躍するために必要な資格「公認心理師」は、心理学の専門知識と技術をもって、こころに関する支援を要する人の援助を行います。一方、社会調査を行う企業や部署では、アンケート調査や分析ができる「社会調査士(社団法人社会調査協会認定)」が活躍しています。