心理学科

心理学科 NEWS
 

心理学科の「特色」

1   幅広く心理学を学ぶことができます
心理学の主要な分野をすべて学ぶことができます。他大学の、臨床が中心の心理学科とは異なり、臨床心理学だけではなく、発達 心理学、社会心理学、認知心理学を広く学び、さらに、自分の興味にあった分野を深く学ぶことができます。
     
2   知識を活かすことをめざします
心理学を通して学ぶ知識と技能を、社会で活かすことをめざします。臨床心理士(大学院第1種指定)をはじめ、さまざまな資格の取得を支援します。2年以内に誕生する国家資格「公認心理師」へも対応する用意をしています。ビジネスや産業、教育や福祉、臨床現場など、さまざまな場で心理学を活かすことができます。
     
3   体験をとおして楽しく学びます
豊富な実習科目やアクティブ・ラーニング科目を通じて、体験しながら楽しく心理学を学びます。学生どうしで協力しながら、一緒に問題を解決する方法を身につけます。コミュニケーションや情報処理の技術も身につけることができます。

心理学科の「学び」


心理学科の学びの目標は、いろいろな心理学を広く学んで、その中から、興味のある分野を探して深く学ぶ。知識も実用的な技術も身につける。それを活かして自分で考えて生活できる人、社会に貢献できる人になる。

1年次
まず、心理学にはいろいろな分野や方法があることを学びます。人の心を研究したり、分析するいろいろな方法も勉強します。
2年次
臨床心理、社会心理などいろいろな心理学を学び始めます。心理学の研究法の、観察やテスト、実験などの実技の勉強も大切です。
3年次
4つの分野からゼミを選びます。テーマを決め調べたり報告したりします。犯罪心理学、カウンセリングなどの専門の勉強も充実。
4年次
専門の勉強を進めながら、自分で選んだテーマについて調査したり本をまとめたりして卒業論文を作成し、4年間の勉強の仕上げをします。

 
先輩! 教えて、知りたい。KAWAMURA LIFE

川村を選んだ理由
臨床中心の心理学科が多い中、川村の心理学科は社会心理学や発達心理学など、幅広い領域の心理学を学べるから。
将来の夢
心理学の知識を活かし、良好な人間関係を築き仕事をしていきたい。
わたしの「これがあれば元気!」
友人との写真がいっぱいつまったスマホ。
幅広い領域の心理学を通して社会性を磨いています。
心を知れば、コミュニケーションはよりスムーズに。
対人心理や集団心理など、日常のあらゆる場面で応用できる心理学に興味がありました。電車内で無意識に他者と距離を置くパーソナルスペースなど、毎回新しい実験が登場する「基礎実験演習」は心理学の面白さを実感できる授業のひとつ。心理分析に欠かせない数字だらけの「心理統計法」もやり方を覚えるとすぐに楽しくなりますよ。
カウンセリングという社会貢献の意識が芽生えました。
相手の気持ちを考え、自分を客観的に捉え行動するようになりましたね。関心のなかったカウンセリングについても、「精神医学」でうつ病について学んだことで、症状を改善するために私にも何かできないかと社会貢献への意識が芽生えてきました。疑問は日々次々と湧いてきますが、学生研究室のおかげでモヤモヤはその都度解消できています。
“女子大”の強みを感じられる教育環境です。
大学選びで私は“女子大”にもこだわりました。就職活動を手厚く支援してくれる“女子大”なら、社会人としての一歩が確実に踏み出せると考えたからです。キャリア教育で早くから女性の働き方を考えさせられる川村は、“女子大” の利点にあふれた大学です。2年次には対策講座を活用し秘書検定に合格。就活の準備は着々と行っています。
時間割
1年次には、宇宙から古生物まで、とにかく広く学びました。心理学の入門のための科目もあり ます。3 年次では演習(ゼミ)を中心に心理学の専門科目を学びます。
 
1年次の時間割例

 
1   心理学     英語I
2 現代の社会   哲学 健康スポーツ論 古生物学
3 宇宙から見た地球論 実験心理学概論 倫理学 心理統計法 社会福祉概論
4 医療秘書実務 基礎ゼミナール 情報処理 美学  
5   心理学概論      
 
3年次の時間割例

 
1          
2   社会学 集団心理学 コミュニケーション論  
3 社会心理学概論 特殊実験演習 心理学演習
(ゼミ)
認知心理学 青年心理学
4 臨床心理学概論     英語II 映像文化論
5   心理調査法     犯罪心理学