幼児教育学科

幼児教育学科 NEWS
 

幼児教育学科の「特色」

1   知識と技能を備え、子どもに共感できる保育の専門家を育てます
幼保連動カリキュラムで、幼稚園教諭と保育士に必要な基礎知識と技能を徹底して身につけます。乳幼児の心身の発達や保育方法、音楽、造形、体育など様々な角度から保育を学びます。
     
2   子どもたちと楽しい時を過ごすのも保育の学びです
キャンパスに隣接する附属保育園での体験学習や保育ボランティアを通して、子どもと身近に触れ合いながら、実践的に保育の学びを 深めます。
     
3   卒業生や地域の人たちと一緒に保育を学ぶチャンスがあります
現役の幼稚園教諭や保育士を講師に迎えての授業、講演会の開催など地域で子育てに関わる人たちに話を聞いたり、一緒に活動しながら、保育の学びを広げます。

幼児教育学科の「学び」


幼稚園教諭1種免許状・保育士資格取得を目標に、確かな理論に基づいた保育の基礎知識を学び、豊かな実践力を身につけていきます。

1年次
音楽・体育・図画工作をはじめとする実技科 目や保育の基礎知識を学びます。附属保育園で実際に子どもと関わる機会があります。
2年次
保育所でのボランティア、保育実習I(保育所)があります。保育の内容における計画・指導・援助の方法について学んでいきます。
3年次
保育実習II(施設)・III(保育所)と教育実習一次(幼稚園)があります。演習科目の履修により、実際の保育に対応できる力をつけていきます。
4年次
教育実習二次(幼稚園)があり、学習・実習の総まとめとして保育・ 教職実践演習があります。卒業研究にも取り組みます。

 
先輩! 教えて、知りたい。KAWAMURA LIFE

川村を選んだ理由
保育士資格と幼稚園教諭免許状を同時に取得できる4年制大学を志望。オープンキャンパスや図画工作の体験授業に参加し、雰囲気のいい川村に決めました。
将来の夢
子どもたちが楽しく暮らし成長できる環境を提供できる元気な保育者になりたい。
わたしの「これがあれば元気!」
笑顔の思い出がつまったスマホの写真!
2つの資格を目標に広く深く学び、将来の選択肢を広げます。
1年次から子どもたちと実際にふれあい、学んでいけます。
1年次から附属保育園で実習があるなど、カリキュラムは非常に実践的です。模擬保育をはじめ、保育・教育実習が多く、準備から実習後まで細かく指導してもらえます。実習先では失敗もありますが、これもプロになるための一歩。ケンカを始めた幼児を見ても、今ならいくつもの対処法が頭に浮かぶなど、少しずつ成長できています。
よりよい保育者になるためのヒントや学びがあちこちに!
学生研究室で見つけた保育園での夏期アルバイトに1年次から参加しました。当時は経験不足で不安でしたが、実際の保育現場から得られることは絶大です。子どもの月齢や状況に応じて援助の仕方を変える保育士の先輩方は、間近でみられるいい手本。ボランティアなど、他にも学内外にあるさまざまなメニューで保育を多角的に学べます。
充実した設備に加え、先生方の温かいご指導が自慢です。
歯磨きの仕方も絵本なら、子どもは楽しく覚えられます。私はこうした絵本や保育における言葉の指導法に関心があり、ゼミで専門的に学んでいます。ピアノの設備が整い、音楽や図画工作等の授業は丁寧と、本学科の自慢は多々あります。そして川村ならではの先生方の温かいご指導は、本学科でも私たちの大きな支えになっています。
時間割
資格取得に必要な科目は、決して少なくありません。各年次の必修科目を中心に、2年次からの実習の準備も考えて履修していきましょう。
 
1年次の時間割例

 
1     基礎ゼミナール 社会福祉 英語I(1)
2 図画工作I 子どもの食と栄養 言語表現技術 日本の政治と
国際社会(1)
体育I
3 発達心理学 乳児保育     健康スポーツ論
4   教職の研究 情報処理(1) 保育原理  
5   心理学(1)   音楽I  
 
3年次の時間割例

 
1 保育実習演習III
(事前・事後指導)
教育実習演習
(事前・事後指導)
     
2 保育内容演習(2)   臨床心理学 保育内容演習(3)  
3 乳幼児発達障害   卒業研究演習 幼児指導法総論  
4   社会的養護内容   弾き歌い演習(1) 保育相談支援
5