観光文化学科

観光文化学科 NEWS

観光文化学科の「特色」

  1. 1. 日本の女子大初の観光文化学科で観光を実践しながら学びます

    観光を学ぶ楽しさは、授業で学んだ理論をすぐに実際の観光地や観光産業にあてはめて確認できる点にあります。日本最大の観光地、東京をはじめ、地方の観光地、ホテルやテーマパークなどの現場での見学や研修は、新しい発見の連続です。

  2. 2. 観光・ホスピタリティの仕事に直結した科目も充実

    「観光概論」や「観光心理学」といった理論的科目とともに、「ホテル・マネジメント」や「旅行業論」「エアライン事業論」「テーマパーク論」「ブライダル産業論」といった観光やおもてなしの現場で役立つ多彩な科目をバランス良く学べます。

  3. 3. 語学力とコミュニケーション能力を身につけます

    観光業で必要な英語コミュニケーション能力を養成するため、「観光英語基礎」「観光英語」「グローバル英語」「観光文化実践V/Ⅵ」などの英語科目、さらには「観光中国語」「観光韓国語」なども開講しており、学生の語学力向上を支援しています。

観光文化学科の「学び」

日本・海外の知識、現場で役立つ英語力、東京を舞台に実践、⇒観光を理解し、関連業界で活躍する力

KAWAJOのささえるちから

  • 資格取得や検定試験合格のための支援を行っています。
  • 企業や地域の協力で実現する産学連携プロジェクトに参加できます。
  • ホテルでの本格的な長期インターンシップを実施しています。
  • 観光地や観光産業の見学など、観光の「実際」を見る機会がたくさんあります。

KAWAJOの未来

実践的な知識を修得します。さらに学外研修として観光事業の見学や地域でのフィールドワーク(ホテル椿山荘東京、東京ドームシティアトラクションズ、JALなど)では、講義で学んだ理論が実践でどのように当てはまるかなどを学びます。また、藤田観光など企業や地域との産学連携プロジェクトに参加することもできます。

目標
  1. 1
    実践的な知識の修得、
    フィールドワークを体験
  2. 2
    国内旅行業務取扱管理者などの資格取得
  3. 3
    世界遺産検定、観光英語検定、
    東京シティガイド検定、フードアナリスト、
    温泉ソムリエ、温泉観光実践士
    などの検定試験合格
報告
国内旅行業務取扱管理者合格者 1名/年 世界遺産検定3級合格率 90% 世界遺産検定2級合格率 50% 観光英語検定3級合格率 70% 観光英語検定2級合格率 40% 東京シティガイド検定合格率 70% フードアナリスト4級合格率 95% 産学連携への取り組み・藤田観光とのプロジェクト・瀬見温泉旅館組合とのプロジェクト