生活文化学科

生活文化学科 NEWS

生活文化学科の「特色」

  1. 1. 栄養士、栄養教諭などの資格取得が可能

    食で健康を支える時代を迎えた今、栄養士や栄養教諭はこの時代にピッタリの資格です。保育園や小中学校、病院、高齢者施設はもちろん、社員食堂でも栄養士の力が必要です。食品業界でも栄養学の知識と技術が注目されています。本学科では、実力ある栄養士養成、および卒業後の管理栄養士取得を目指した勉強会や自主学習環境を用意しています。

  2. 2. フードビジネスの場でも活躍できる人材を育成

    食の安心・安全や健康への関心が高まり、フードビジネスのニーズが高まっています。無農薬野菜の栽培を本学の農地で体験することで、環境保全型農業の重要性を知り、食に対する感性を高めます。また商品開発を通し、地域連携活動に対応できる人材を育てます。

  3. 3. 豊かな生活を創造する力を育てます

    生活する中で、私たちは知らず知らずに食のアレンジや工夫をしています。調理や食事は栄養バランスや味付けだけでなく、食材の配色や食器などの視覚情報が美味しさに関わる重要ポイントになります。デザインの視点を養い、食のイベントで発揮できるようにします。

生活文化学科の「学び」

栄養・健康、ライフデザイン、フードマネージャー⇒つくる楽しさ、食べる楽しさを伝える食のエキスパート

KAWAJOのささえるちから

  • 就職希望者の就職率100%を達成するきめ細やかな指導。
  • フードスペシャリストや管理栄養士(卒業後)などの資格取得を支援。
  • 商品開発や地域イベントなど、さまざまな社会貢献活動に参加。

KAWAJOの未来

栄養士をめざすための「栄養・健康」領域、すべての人々が輝く生活環境を考える「ライフデザイン」領域の2領域を学びます。3~4年次の授業や演習では、新しい商品の開発からモニタリング、大学フェアなどでは販売の手伝いまで行います。また、我孫子市などの地域と連携したイベントにも参加し、地域での販売やイベント運営を体験します。

目標
  1. 1
    栄養士となるための学び、
    社会学的な学びの習得
  2. 2
    新規商品開発、
    商品販売イベントの参加
  3. 3
    フードスペシャリスト、医療秘書実務士、
    管理栄養士(卒業後)などの資格取得
報告
新規商品開発数新規商品開発数3品/年 商品販売イベント参加数5回/年 フードスペシャリスト合格率90% 医療秘書実務士資格希望者取得率90% 管理栄養士合格者2名/年※卒業後