生活文化学科

生活文化学科 NEWS
 

生活文化学科の「特色」

1   栄養士・栄養教諭など社会で活躍できる資格の取得をめざします
栄養・健康とライフデザインにかかわる科目を学び、社会学士の栄養士養成と、栄養教諭、医療秘書実務士を育成します。さらに、フードスペシャリスト、カラーコーディネーターの資格取得を応援します。
     
2   外食産業・商品開発・地域活性化などのフードビジネスの場でも活躍できます
学生たちが開発した、トマトジャム、トマト&人参ジャムなどが好評です。多様化した社会を理解し、健康をサポートする栄養指導や地産地消を念頭に置いた商品開発などで、地域と積極的にかかわれる人材を養成します。
     
3   豊かな生活を創造する力を育てます
赤ちゃんから高齢者すべての人たちに対して、必要に応じた健康教育が実施できる知識と技術を身につけ、栄養指導や和食文化の継承 に重要な生活のアートに関する科目も学べます。

生活文化学科の「学び」


現代社会で起こっているさまざまな食と健康問題が解決できる食のエキスパートを目指し、社会学や栄養学などを基礎から応用まで、しっかりと学んでいきます。

1年次
「社会生活入門」「基礎ゼミ」「農と地産地消/自然を考えるI 」や2つの領域の基礎科目を通して、現代 社会の食と健康問題を解 決するための基礎知識を身につけます。
2年次
「フードビジネス入門」「農と地産地消/自然を考える II」「コミュニケーション能力基礎演習」について学び、 基礎知識や実験・実習を通して、栄養学の専門知識や専門技術を身につけます。
3年次
「女性と現代社会」「地域活性マネジメント」についての学びや、病院・学校・企業などで栄養士、医療秘書実務士の資格に関する学外実習を行います。「生活文化専門演習」では、応用力・ 解決能力に磨きをかけます。
4年次
4年間の集大成として実験、調査、商品開発、文献講読などにより、自己の論文を執筆し、研究成果を発表します。栄養学の知識と社会生活の知識をあわせ持ち、社会貢献活動ができる人材を養成します。
 
先輩! 教えて、知りたい。KAWAMURA LIFE

川村を選んだ理由
卒業と同時に栄養士の資格が取得でき、医療秘書実務士やフードスペシャリストなど数々の資格取得が可能な学科だったから。
将来の夢
栄養士の資格を活かし食に関する仕事に就きたい。
わたしの「これがあれば元気!」
スケジュール帳。 楽しい計画を立て やる気アップ!
“美味しい+身体にいい”を提供できる特別なスキルを身につける。
グループ実習や実験で楽しく体得できる調理技術や協調性。
私のように入学前は料理をほとんどしてこなかったという人も大丈夫!調味料や栄養素について一から学べ、「調理学実習」を通して和洋中と、料理は一通りできるようになります。最初は不慣れでも、グループ実習や実験で準備から後片付けまでを、学生主体で当たり前に行う作業を通して、自然に協調性や整理能力も磨かれます。
実践的な授業で栄養士をめざす、成長を実感できる毎日です。
2年次の「臨床栄養学実習」では早くも、自分たちで治療食の献立を考え、材料を買い揃え、料理をつくります。電卓で栄養計算も行います。身体の仕組みを学ぶ「解剖生理学」といった医学的な授業もあります。難しいけれど、栄養士に近づいていることを実感できる毎日です。糖尿病の祖母の食事も近い将来、私がみてあげられそうです。
栄養士以外にも、生活にかかわる多彩な科目に目移りします。
白衣で過ごす実験や実習後は、必ずレポートの課題があり、放課後もよく勉強しています。就職活動に役立てるため、医療秘書実務士関連の科目も履修しています。今は空き時間があまりないけれど、余裕ができたら文化やアート領域の科目を取ってみたいですね。女性ばかりの気楽な環境の中で好奇心の赴くままにのびのび学んでいます。
時間割
1年次は幅広い分野から興味のある授業を選びましょう。2年次になると栄養士資格取得のた めの科目が多くなります。3年次ではゼミが始まります。
 
1年次の時間割例
 
1 公衆衛生学 社会生活入門 基礎ゼミナール   健康スポーツ論
2 食品学 基礎調理学実習(1) 英語I カラー
コーディネート(1)
基礎栄養学
3     生活デザイン論 解剖生理学
 
4 医療秘書実務   農と地産地消/
自然を考えるI
環境社会論  
5   生化学入門    
 
3年次の時間割例
 
1     外食産業論 女性と現代社会 イベントマネジメント
給食管理実習(1) ウェルネス
栄養指導実習
2 フードスペシャリスト論 食品加工・開発実習 栄養教育実習
3 スポーツ栄養学 生活文化専門演習
(3年ゼミ)
医療秘書実務実習
 
4    女性健康学    生活デザイン演習
 
5 野菜ソムリエ フードマネジメント論   キャリア・
プランニングIII