在学生・卒業生インタビュー

心理学科4年I.M.
松戸市立松戸高等学校 出身
心理学科4年U.N.
私立つくば開成高等学校 出身
宿泊通学のボランティア体験で
私の新たな可能性に気づけた。

小学生を対象に、夏休みの3日間で行われた「手賀の丘ふれあい宿泊通学」を、ボランティアの一員としてサポートしました。さまざまな小学校から参加する子どもたちを班ごとにまとめ預かる責任は重大でしたが、とても有意義な時間になりました。子どもたちの友だちを作る力には驚かされましたし、誰かをサポートすることに思った以上にやりがいを感じている自分にも驚きました。川村に在学していたからこそ得られたこの体験は、実社会でどんな働き方をしたいかをよく考え、また私自身の新たな可能性に気づくことができた、非常にいいきっかけになりました。

心理学科4年K.Y.
私立和洋国府台女子高等学校 出身
長いようで短い4年間!
私も夢に向かい全力で学んでいます。

心理学を学びながら、卒業後の夢である中学校の教員免許が取得できるという2つの希望を叶えてくれる数少ない場所が、川村の心理学科でした。川村の教職課程の授業はグループワークが多く、他者の意見を聞き、さまざまな考え方を吸収できるのがいいですね。一人ひとりに目を配り、きめ細かく指導してもらえることにも感謝しています。大学4年間は長いようで短い、貴重な時間です。後輩のみなさんも自分のやりたいことを見つけ、後悔のないよう過ごしてほしいです。私も、子どもたちの心もケアできる社会科教師になれるよう、全力で勉強しています。

生活文化学科4年T.M.
茨城県立並木高等学校 出身 (現 茨城県立並木中等教育学校)
ちょっとした課外活動や研修でも
社会に出るスキルが磨かれます。

オープンキャンパスで見学者を案内するアドバイザーとして活動するため、研修に参加しました。アドバイザーに求められる社交性や積極性を身につけることを目的に、研修ではコミュニケーション能力を磨くグループワークなどを行いました。研修の最後には個人的に「褒められたら素直に受け止めよう」というアドバイスをもらい、それを心に留めることで、実際のオープンキャンパスでも緊張せず対応できるようになりました。初対面の人と話すことに以前は苦手意識があった私ですが、研修やアドバイザーとしての活動を通して、社会に出る準備もできているように思います。

*ONE…「ワン」一人ひとり個人を大切にする「おね」おねえさまから命名
幼児教育学科3年T.N.
茨城県立土浦湖北高等学校 出身
幼児教育学科3年T.R.
千葉県立銚子高等学校 出身
保育を学ぶ先輩から後輩へ
笑顔のリレーが続いています。

幼児教育学科の先輩方が代々後輩をサポートしている、伝統ある素敵な幼児教育サークルがONEです。活動は週1回。保育実習や教育実習が迫ってくると、先輩方が事前にアドバイスしてくれたり、就職活動についてのありのままも教えてもらえます。実習についてはもちろん授業でも準備しますが、後輩の不安を細かく取り除いてくれるのがONEの先輩方。手遊びやペープサートなどもあれこれ教えてもらえます。学園祭では毎年テーマを決めて子ども達が遊べる部屋を作っています。今年も趣向を凝らし、子どもたちに喜んでもらいました。これからは私たちが後輩を応援する番です。

国際英語学科4年W.M.
茨城県立下館第一高等学校 出身
大学に居ながら社会勉強ができる。
特大サイズの感動も味わえます。

高校時代の生徒会で、行事は参加する以上に作る方が楽しいことを知り、学園祭実行委員の募集にすぐに飛びつきました。イベント企画から参加団体の募集、ポスター作りやチラシ配りなど、仕事は書ききれないほどあります。看板やテントも職員さんと協力して立てます。交渉や契約など、学園祭実行委員を通してたくさんの社会勉強ができ、そして苦労があればあるほど、本番では大きな達成感を味わえます。毎年学園祭実行委員で磨いてきた行動力やリーダーシップが、就職活動や未来の職場でも活かせるといいな、なんて、こっそり思っています。

児童教育学科4年K.Y.
静岡県立三島北高等学校 出身
教育現場に飛び込んでみると
見えてくる!教えることの難しさ。

実際の教育現場に飛び込むことで、自分の課題を見つけ、教育実習や将来に活かしたいと、小学校でのボランティアを始めました。休み時間はドッジボールや鬼ごっこで一緒に遊び、給食の時間は生徒たちと会話し、一人ひとりをじっくり観察。そして肝心なのが授業の学習補助です。ところが算数では間違った計算をしている子どもにどう説明していいかわからずシドロモドロ。計算式は簡単でも、生徒に理解させるのは容易ではないと考えさせられました。まだまだ半人前ですが、経験はすべて肥やしになります。やる気に火がつくし、大学時代は積極的に行動することが大事だと思います。

幼児教育学科4年N.M.
私立岡山県作陽高等学校 出身
社会教育学科4年H.A.
柏市立柏高等学校 出身
幼児教育学科4年N.C.
私立潤徳女子高等学校 出身
みんなで盛り上がる課外活動でリア充になろう!

学友会では、スポーツデーや七夕、クリスマス会など、学生みんなで楽しめるイベントを企画し運営しています。各部活動やサークル、学園祭実行委員会など課外活動団体に予算を分配するのも学友会の重要な役目となっています。年中行事を企画し運営しているので、準備は大変ですが、当然、年中楽しめます!先輩後輩をはじめ、学科以外の仲間やネットワークができるのも嬉しいオマケです。人と人の間に立ち、人と人を結ぶ日々の活動から、企画力、実行力、コミュニケーション力は確実に上がります。充実した大学生活を送りたい人はぜひご入会ください。

生活文化学科4年N.K.
私立川村高等学校 出身
ほっこり心和む、四季折々の
イベントを企画・運営しています。

料理教室や着付け教室、BBQ大会、ハロウィンパーティー、キャンドル作り、リース作りなど、四季折々の面白企画を立て参加を募っているのが、我々SA(Student Adviser)です。恒例行事であっても、内容は毎年違います。昨年よりも今年は、今年よりも来年はと、前回以上に参加者が増えるよう工夫を凝らしています。イベントに参加すると学科や学年を越えた友だちもできます。イベントを企画する側に立つと、楽しさに加え、企画や運営の難しさを知り、別の感動も味わえます。みんなを笑顔にするにはどうしたらいい?なんて常に考えている、愉快な思考回路も生まれます。

国際英語学科4年S.N.
私立修徳高等学校 出身
国際英語学科4年S.M.
私立川村高等学校 出身
ダンスを通して知ったのは人との関わりの大切さです。

廃部寸前のダンス部を立て直し、新たなメンバーとともに楽しく踊っています。先日も天王台の市民祭りでダンスパフォーマンスを披露してきました。ダンスLIVEの演出を変え、宣伝活動を行うなど、テコ入れは大変でしたが、学生主体で管理・行動する大学での部活動の厳しさを知り、随分たくましくなれました。活動を通して一番痛感しているのは、人との関わりの大切さです。一緒に踊る部員はもちろん、サポートしてくれる先生方、応援してくれる友だちやお客様。みんなのおかげで好きな事をやれていることに心から感謝しています。その気持ちをダンスでも伝えています。

生活文化学科4年S.Y.
埼玉県立春日部女子高等学校 出身
インターンシップ先|小笠原海運株式会社
心を込めて仕事をする
働く基本を教わりました。

おがさわら丸に乗船し就航業務を見学し、父島では観光業務を体験できる、人気のインターンシップに参加しました。片道25時間30分の小笠原諸島は、想像を超えた自然が広がる世界自然遺産です。そこに暮らす人々の生活を支える小笠原海運のみなさんのプロフェッショナルな仕事ぶりにも脱帽でした。そして何よりも感動したのは人々の温かさでした。学ばせてもらう立場の我々も、微に入り細に入りもてなしてくださるみなさんの優しさに感涙。私も思いを込めて、誇りをもって続けられる仕事を見つけたいと深く考えさせられました。

史学科4年T.A.
千葉県立小金高等学校 出身
インターンシップ先|株式会社弘文社
イメージとは大いに違った!
営業の魅力を知ることができた。

学芸員の勉強をしていることから、博物館のパンフレットやポスターの印刷も手掛ける弘文社に関心を持ち、インターンシップに行きました。DTP部門で名刺を作成したり、商品の見積りや荷物の梱包など、幅広い業務を体験させてもらいました。中でも印象的だったのは営業の方に同行させてもらった外回りです。営業の仕事は数字ありきで受注を成立させることがすべてと思っていました。しかし実際は取引先と話し合い、よりよいものを一緒に作っていく立場にあることを知りました。そんなやりとりから、私も人とたくさん関わる仕事をしたいと考えるようになりました。

心理学科4年M.M.
私立長野清泉女学院高等学校 出身
インターンシップ先|社会福祉法人エスポワールわが家
職業選択のヒントが必ず得られる、
それがインターンシップです。

卒業後の将来像が描けない中、職業選択のヒントにしたいとインターンシップに参加しました。福祉施設では高齢の利用者さんと話をしたり、洗濯物を畳んだり、さまざまなコミュニケーションをとることが私の仕事でした。認知症で会話が難しい方もいらっしゃいましたが、多彩な交流を通していろいろ考えることができました。学んできた心理学を福祉施設で活かせないかと、そんな風にも思いました。就職活動はまだ手探り状態ですが、誰かの役に立つ仕事がしたいと、うっすらと将来像の輪郭が見えてきたように思います。先生方にも相談しながら、元気に就活継続中です。

史学科2016年卒業H.C.
埼玉県立浦和東高等学校 出身
就職先|株式会社レリアン
就職支援室から指導を受けながら
プラス思考で就活を乗り切りました。

アパレル業界を志望し、就職支援室に通いながら企業研究を行い、店舗見学や、雑誌を見てトレンドを把握するなど、一生懸命就職活動に臨みました。努力の甲斐あって、こんな接客が理想的と一番に思えた婦人服専門店から内定をいただけました。就活中は常にプラス思考を心掛け、お祈りメールも「来るなら来い」と笑顔で乗り切りました。「ファッションビジネス学」の授業で業界の現状を把握し、服の歴史や繊維の知識を得ていたことも就活に活かせました。

日本文化学科2016年卒業K.H.
私立茨城キリスト教学園高等学校 出身
就職先|茨城県信用組合
先生や友だちに支えられ
焦らずコツコツ夢を叶えた。

気になる企業は説明会に足を運び、人事の方がどんな人材を求めているかを意識しながら話を聞き、就職活動全体に活かしました。第一志望は地元の信用組合。就職支援室では面接練習をしていただき、内定をつかむことができました。教育実習で就活のスタートが遅れ、焦ることもありましたが、その度に先生方や友だちに勇気づけてもらい支えられました。これからは日本文化の知識も活かし、伝統を重んじる信用組合で頼りにされる職員に成長したいです。

児童教育学科2016年卒業K.H.
私立和洋国府台女子高等学校 出身
就職先|小学校
共に切磋琢磨してきた
大学で出会った友人は一生の宝。

教職科目の勉強も、実技の練習も、常に友人と協力し切磋琢磨してきました。大学で出会った友人は、一生の宝です。互いの意見を遠慮なく言える関係に感謝しています。厳しく指摘してくれる友人たちがいたから成長できました。卒業生オフィスで先輩教諭から聞いた体験談や、学生研究室に相談し自分なりの勉強法を確立できたことも、教員採用試験を突破できた勝因の一つだと思います。出会いは選べませんが、「あの先生で良かった」と言われる教師になりたいです。

観光文化学科2016年卒業Y.M.
私立東洋大学附属牛久高等学校 出身
就職先|株式会社東急ホテルズ(配属:渋谷エクセルホテル東急)
2020年東京オリンピック・パラリンピックで
日本のおもてなしを提供したい。

在学中はアルバイトでお金を貯め、アメリカ、ハワイ、ニュージーランド留学と、世界を旅しました。「観光文化(アメリカ)」の授業で50州を学び、その知識を持ち訪ね歩いたアメリカの旅は特に印象的でした。こうした経験やホスピタリティの授業、そして旅行を想定した英語の授業などを通して、就職活動はホテル業界に絞って挑戦しました。これからは2020年の東京オリンピック・パラリンピックで一流のホテルマンとして活躍できるよう、英語の上達もめざし研鑽を積みます。