各種奨学金制度(在学生対象)

奨学金
豊富な奨学金制度をそろえ、もっと学業に専念できるように。
川村学園女子大学では勉学に対する意欲を持ちながら、経済的に学資の援助を必要とする学生のために、多彩な奨学金制度を用意しています。アルバイトなどで収入を得る方法もありますが、奨学金を利用することで、より学業に専念できる環境が得られます。奨学金によって出願資格や返済方法などが異なりますので、各自の条件などに合わせてご検討ください。
奨学金一覧 ※受験生対象奨学金はこちらをご覧ください⇒KAWAMURA奨学制度
名称貸与・給付の対象金額
日本学生支援機構
  • (1)定期採用(春)
    人物・学業ともに優秀であり経済的理由により、修学が困難な学生に選考のうえ、貸与されます。
  • (2)緊急・応急採用
    定期採用とは別に、家計の急変等が発生した場合、随時申し込むことができます。
●第1種(無利子)〈月額〉
自宅 30,000円、54,000円から選択
自宅外 30,000円、64,000円から選択
●第2種(有利子)〈月額〉
30,000円、50,000円、80,000円、
100,000円、120,000円から選択
川村学園奨学融資金川村学園在学中の学生が、経済的理由により学業の継続が困難になった場合に、選考のうえ貸与されます。1年間の学費の額を限度とします
六華会奨学奨励金
貸費生
原則として高等学校もしくは中等教育学校を平成30年3月卒業見込みで、平成30年度推薦入学試験(指定校・公募)又はAO入学試験を受験し合格された方で学修に意欲があり、大学で学業を修めるために経済的援助が必要と認められる方。
入学手続時納入金420,000円
(入学金300,000円・設備資金120,000円)
遠隔地居住者支援制度遠隔地居住者を対象に給付します。年間180,000円
地方公共団体奨学金各都道府県の出身者、または居住者であって、学業成績および人物が優秀で経済的理由から修学が困難な学生に選考のうえ、貸与されます。
例)茨城県奨学資金、福島県奨学資金 等
団体により異なります
民間団体奨学金団体が独自の方針に基づいて実施しています。
例)あしなが育英会奨学金、交通遺児育英会奨学金 等
団体により異なります