教員紹介

 
氏名
山口 恭平
ヤマグチ キョウヘイ
YAMAGUCHI Kyohei
 
所属学部・所属学科・職名
教育学部 児童教育学科 講師
 
担当科目名
 教育原理、学校と教育の歴史、道徳の理論と指導法、教職論、教育課程論など
 
研究分野・テーマ
 教育学:思想を手がかりに教育について研究しています。これまでの主な研究テーマは、J.バトラーの思想の教育への応用、シティズンシップ教育、教育における主体性などです。
 
研究業績・著書・論文などの紹介
≪論文≫
「『異質な他者』との共生に向けて―セクシュアリティの多様性の考察から―」(共著)『東京大学大学院教育学研究科紀要』51巻、pp.21-39、2012年。

「J.バトラーにおける『政治教育』」(単著)東京大学大学院教育学研究科基礎教育学研究室『研究室紀要』第42号、pp.205-214、2016年。

「『道徳教育論』の指導法にかんする覚え書き―『今日の道徳教育における問題の検討』を中心に―」(単著)桜美林大学『教職研究』第2号、pp.61-69、2017年。

「カリキュラムとunlearn」(単著)『川村学園女子大学教職センター年報』第5号、pp.63-75、2021年。

「幼児教育におけるカリキュラムと『主体性』」(単著)『川村学園女子大学教職センター年報』第5号、pp.77-84、2021年。

≪報告書≫
「カリキュラム・イノベーションにおける政治的シティズンシップ教育のための歴史・思想・実践的条件―イギリスにおける経験を参照枠として―」(共著)東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター『平成23年度学校教育高度化プロジェクト報告書』、pp.51-82、2012年。

「シティズンシップ教育における教化と教育の問題 : 現代イギリスにおけるモデル・カリキュラムに着目して」(共著)東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター『平成24年度学校教育高度化プロジェクト報告書』、pp.25-54、2013年。

「シティズンシップ教育における論争的問題の検討―目的・選択基準・方法・効果の観点から―」(共著)東京大学大学院教育学研究科附属学校教育高度化センター『平成25年度学校教育高度化プロジェクト報告書』、pp.21-50、2014年。

 
所属する主な学会および社会における活動
日本教育学会、教育哲学会、教育思想史学会
 
オフィスアワー

前期:火曜日 12:50~14:20、

後期:水曜日 12:50~14:20

 
学生へのメッセージ

4年間は長いようで短いです。振り返ったときに、充実した4年間だったと思えるように、大いに学び、大いに楽しみ、一日一日を大切に過ごしてください。

ページトップへ