教員紹介

 
氏名
奥田 順也
オクダ ジュンヤ
OKUDA Junya
 
所属学部・所属学科・職名
 教育学部 児童教育学科 講師
 
 
担当科目名
 音楽,音楽科教育法,児童教育演習,卒業研究,弾き歌い演習,など
 
研究分野・テーマ
 音楽教育学:小学校低学年の音楽科の表現領域における指導法(歌唱と鍵盤ハーモニカを中心に),音楽教育における幼保小接続
 
研究業績・著書・論文などの紹介
〔論文〕

・「小学校低学年の歌唱指導における『どなり声』の解消法に関する考察-実践事例に見られる傾向について-」(単著)『芸術研究6 玉川大学芸術学部研究紀要』玉川大学芸術学部、2015年、pp.11-20.

・「『歌唱共通教材』に着目した小学校低学年の歌唱指導についての一考察」(単著)『芸術研究7 玉川大学芸術学部研究紀要』玉川大学芸術学部、2016年、pp.41-52.

・「小学校低学年における『声量』を重視した地声による歌唱に関する音声分析的アプローチ – 歌唱の際のピッチに着目して -」(単著)『教育実践学研究 第19号』教育実践学会、2016年、pp.77-95.

・「小学校低学年から小学校中学年を見据えた段階的な歌唱指導に関する検証-子供たちの歌う意欲と歌唱技能を観点として」(単著)『玉川大学 教師教育リサーチセンター年報 第6号』玉川大学 教師教育リサーチセンター、2016年、pp.33-45.

・「小学校低学年を対象とする鍵盤ハーモニカの指導の今日的課題に関する一考察」(単著)『芸術研究8 玉川大学芸術学部研究紀要』玉川大学芸術学部、2017年、pp.45-58.

・「年長児を対象とする『一人一音による鍵盤ハーモニカの活用方法』の提案と保育の現場でのパイロットスタディ―幼保小接続を見据えた『協同性』と『学びの芽生え』に着目して―」(単著)『玉川大学 教師教育リサーチセンター年報 第7号』玉川大学 教師教育リサーチセンター、2017年、pp.41-57.

・「小学校低学年における鍵盤ハーモニカの運指を指導するための学習プロセスの構築とその有用性に関する研究-授業実践から得られたデータを用いて-」(単著)『教育実践学研究 第21号』教育実践学会、2018年、pp.51-75.

・「小学校低学年を対象とする鍵盤ハーモニカの運指を指導するための学習プロセスの効果に関する検証-授業実践前後の子供たちの意識を比較して-」(単著)『玉川大学 教師教育リサーチセンター年報 第8号』玉川大学 教師教育リサーチセンター、2018年、pp.67-81.

・「小学校低学年のタンギングに関する事例調査と提案―鍵盤ハーモニカ演奏の息の流れを観点として-」(単著)『教育実践学研究 第22号』教育実践学会、2019年、pp.1-21

・「西洋様式で作られた楽曲のリズムを手拍子で打つ際の2つの手の動きに着目した実態調査とこれからの効果に関する比較による検証―日本の大学生から得られたデータをもとに-」(単著)『玉川大学教師教育リサーチセンター年報第9号』玉川大学教師教育リサーチセンター、2019年、pp.9-24.

・「小学校低学年から小学校中学年にかけての段階的な歌唱指導の『歌う意欲』を観点とする再検証と幼保小接続の可能性に関する一考察-保育現場と小学校における実践後のアンケート分析をもとに-」(単著)『川村学園女子大学研究紀要 第31巻第2号』川村学園女子大学、2021年.

 
所属する主な学会および社会における活動

≪所属学会≫
日本音楽教育学会,教育実践学会(編集委員)

≪社会における活動≫
国分寺市立第八小学校 2019年度道徳地区公開講座講演会講師(令和元年9月21日)

 
オフィスアワー
水曜日 12:50~14:20
 
学生へのメッセージ
4年間の大学生活の中で、土に水がしみこむように、一緒にじっくり学びを深めていきましょう。
ページトップへ