カリキュラムチャート

下記開講科目は、2017年度新カリキュラムです。一部改訂される場合があります。

curriculum_chart

カリキュラムの
特色

インバウンド(外国人旅行者)への対応ができる人材を育成するために「日本を知る」+「海外を知る」+「コミュニケーション力の向上」に力を入れています。

3つの領域

1.観光基礎・文化領域
  • 海外からのお客様に対応するためには、日本の観光、歴史・文化についての深い知識が必要です。また、海外についても学び、日本との違いを知るとともに、私たちの生活の中で観光がどのような役割を持ち、どのように変化していくのかを観光の理論系科目で学びます
2.ホスピタリティ産業領域
  • ホテル、旅行業、エアライン産業、テーマパーク、ブライダル産業などの科目で、これらの産業のしくみ、運営の状況、社会との関連について、現場の声を取り入れながら多角的に学びます。
3.観光外国語領域
  • これからの日本は国際化がさらに加速します。アジアからの観光客 増加には、中国語と韓国語の学習 が望まれます。また、どのような仕事につくのにも英語が必要とされます。観光外国語を基礎から学び、外国人旅行者の目からみた日本を知ることで即戦力を身につけます。

実践力

実践科目では、観光地見学、ホテル研修・見学・実習、空港視察、ブライダル施設視察、海外研修 旅行、英語ツアーガイド研修などを実施し、理論と実践をバランスよく学びます。