4年間の学び

1年次教育原理、教職入門などの教育学の基礎や各教科を学びます。
学校でのボランティア体験では教職について実践的に学びます。

教職論

内海崎 貴子

教員になるために最初に学ぶ科目です。我が国の学校教育の役割と教職の意義、教員の役割と資質能力、職務内容と服務上・身分上の義務、チーム学校運営について学習することを通して、自分が教職に向いているかどうか、自身の適性を見極めるための科目です。

  • 基礎ゼミナール
  • 教職論
  • 教育原理
  • 発達心理学
  • 音楽
  • 体育

理科

加藤 美由紀

小学校理科の学習内容と教員採用試験問題に出題される範囲の学習内容を、半期通して学習していきます。毎回、実験を行い、レポートを作成する過程で、小学校の教員に必要な理科の知識と科学的思考力を養います。

2年次教育方法学など指導法を中心とした小学校教育で必要な専門的知識、スキルを体験的に学習。
介護等体験などの実習も行います。

特別支援教育論

向野 光

これまで特別支援教育は障害をもった児童生徒を対象にした教育と考えられてきました。しかし、近年では普通学級に在籍する障害やさまざまな困難をもつ児童へと対象を広げています。授業ではその基本と実際の対応について学びます。

  • 教職課程論
  • 教育心理学
  • 国語科教育法
  • 教育インターンシップ
  • 特別支援教育論
  • ピアノ実技
  • 教育方法学

道徳教育の指導法

矢田 訓子

小学校の道徳教育の目的・内容・方法を学ぶ授業です。特に「特別の教科道徳」の授業において、児童が道徳的ジレンマを考え議論するために、教師にできる支援の方法を検討し、その修得を目指します。

3年次道徳教育の指導法など、教職の専門的領域について学びます。
専門ゼミナールの開始と4週間の教育実習があります。

児童教育演習

松本 祐介

3年生ゼミに該当する科目です。自分で興味•関心のある専門教科や領域を踏まえてゼミを選択し、その分野の専門的知識や見識をより深めていきます。各ゼミ(担当の先生)によって様々なアプローチで授業展開がなされるのも児童教育演習の特色です。

  • 教職教養演習(2)
  • 教職総合演習
  • 教育実習
  • 教職専門演習
  • 児童教育演習

教育実習演習
(事前・事後指導)

加藤 美由紀

教育実習に向けての事前指導では、実習日誌の書き方や研究授業の心得など、教育実習に必要となる知識、実践力等を身につけます。また、実習後の事後指導では、教育実習での学びや課題を省察し、教員を目指す今後の取り組みを確認します。

4年次教育実践演習、教職専門演習などの教育実践に対応した専門演習を実施。
4年間の学習の集大成として卒業論文の提出があります。

卒業研究

矢田訓子

4年間の学びの集大成として、卒業研究を行います。興味・関心に従って自分が選んだ専門の教科や領域の研究方法を学び、自分で設定したテーマで研究を行います。学びで得た調べる力、考える力、文章を書く力を総動員して、卒業論文を仕上げます。

  • 教職実践演習
  • 教職教養演習(4)
  • 教職専門演習(4)
  • 卒業研究
  • 卒業研究演習

カリキュラム

人材育成目標

小学校教育に対する強い熱意と情熱をもち、さまざまな教育問題に適切に対応できるコミュニケーション能力と優れた実践力のある人材の育成。

カリキュラムの特色

教育学の基礎的理論科目、各教科教育法を中心とした教職の専門科目の修得により、小学校教員として要求される深い専門的知識・技能・態度が身につきます。また、小学校等の教育機関で実践的に学ぶ機会を多く設けています。

  • 必修科目(20単位)   選択必修科目(66単位以上)   選択科目(16単位以上)

カリキュラムは2020年度のものです。
掲載内容については変更する場合があります。 *必修科目

カリキュラム

卒業研究テーマの一例

  • 国語科教科書の改善・充実に関する研究-次期教育課程に向けて-
  • 特別支援学級における算数的活動の支援についての研究
  • 小学校理科における「電気の利用」の取扱い
  • コミュニケーション能力の育成を目指す音楽授業の実践
  • 小学校体育授業における器械運動系の学習順序に関する一考察
  • 自尊感情を高めるための小学校における「特別の教科 道徳」学習指導案の作成とその課題
  • 小学校国語科における言語能力育成に関する研究-外国語科と外国語活動に関連して-
  • 児童養護施設に暮らす児童が抱える困難の所在と学校の役割
  • 特別な教育的ニーズを要する児童の特性に応じた学習支援法の開発