レシテーション・コンテスト本選

10月16日㈯、レシテーション・コンテストの本選がオンラインで開催されました。

レシテーション・コンテストとは、1年生の必修科目「EIA」の活動の一環として、2つの英語文課題から1つを選び、他の学生たちや先生方の前で暗誦するものです。6月にオンラインで行われた予選を勝ち抜いた学生たち11名が予選時よりも長い課題文に挑み、その暗誦テクニックを競いました。

 

司会のキスチャック先生

残念ながら、6月に引き続き今回もオンラインでの開催となりましたが、出場した学生たちは皆、ネイティブ・スピーカーの先生方と練習を重ねてきました。英語の発音やイントネーションだけでなく、表情や身振り手振りにもさらに磨きをかけて、この日を迎えました。

 

ハリー・ポッターの世界を演じます

全員の熱演にたくさんの拍手がおくられていました(Teams上でのスタンプ機能:拍手のことです。拍手スタンプのカスケードは感動ものです。)。

厳正なる審査の結果、優勝1名、準優勝1名、第3位2名の合計4名の学生が表彰されることとなりました。

受賞者の4名と司会、審査員の先生方

後日、賞状とともに賞品がこの4名に贈られ、惜しくも入賞を逃した7名には参加賞が贈られました。

審査員のシャバリン先生による講評

来年度は対面で予選、本選ともに実施できることを祈っております。また、スピーチコンテストの開催も予定しています。(なお、スピーチコンテストの優勝者には某有名テーマパークのペアチケットが…!)

1年生の参加者の皆さん、お疲れ様でした!

(A. Koizumi)