教育学専攻(修士課程)

2018年度(平成30年度)入試 大学院学生募集要項  教育学専攻(修士課程)

●一般入学試験・社会人入学試験・現職教員入学試験・長期研修生特別選抜入学試験

大学院学生募集要項(PDF)
 
1.募集人員
 
専攻募集人員時期・入学試験区分
教育学5名[男・女]
9月 I期入学試験<スカラシップ入試含む>
11月 II期入学試験<スカラシップ入試含む>
3月 III期入学試験
 ※募集人員の中にI期・II期・III期入学試験、特別選抜入学試験、現職教員特別選抜入学試験I期・II期入学試験を含みます。
  
2.標準修業年限
 修士課程 2年
 ※現職教員の入学者には、1年間で修士論文を除く規定の修了要件単位を取得した場合、2年次に大学院に在籍しながら現職に復帰し、現職を継続しながら修士論文の作成を認めます。詳細は、『教育学専攻の概要』で確認してください。
  
3.出願資格
 次のいずれかに該当する方とします。(本大学院は男女共学です。)
  
 ≪一般入学試験受験者≫
 
(1)大学を卒業した方、または平成30年3月卒業見込みの方
(2)大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された方
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方、または平成30年3月修了見込みの方
(4)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方
(5)文部科学大臣が指定した方
(6)本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方で、22歳に達したもの
  
 ≪社会人入学試験受験者≫
 大学卒業後3年以上経た社会経験のある方、または同等以上の資格があると認められた方とします。
ここでいう社会経験とは、次の(1)から(7)のことです。 
 
(1)教職またはそれに準ずる経験があること。
(2)企業・公務員等の職員として勤務した経験があること。
(3)福祉・国際協力・ボランティアその他社会的実践活動や関連施設での勤務経験があること。
(4)医療・教育相談・カウンセリング等の職業に従事した経験があること。
(5)スポーツ施設等での勤務経験があること。
(6)家事・育児・家庭介護等の経験があること。
(7)その他、フリーライター等の経験があること。
  
≪現職教員入学試験受験者≫
この入学試験で対象とする現職教員とは、「学校教育法で定める幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の専任教員(養護教諭を含む)」として、入学時に3年以上の経験を有し、在職のまま入学する方です。また指導主事等、教育機関等に派遣されているか、出向している方を含みます。
上記の「現職教員」にあてはまり、かつ下記のいずれか該当する方です。
(1)大学を卒業した方
(2)大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された方
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方
(4)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方
(5)文部科学大臣が指定した方
(6)本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方
 
4.出願期間
 
試験区分期間
I期入学試験
<スカラシップ入試含む>
郵送 平成29年 9月 4日(月)~ 9月15日(金) 必着
窓口持参 平成29年 9月 4日(月)~ 9月15日(金)
II期入学試験
<スカラシップ入試含む>
郵送 平成29年11月 6日(月)~11月15日(水) 必着
窓口持参 平成29年11月 6日(月)~11月15日(水)
III期入学試験
郵送 平成30年 2月13日(火)~ 2月23日(金) 必着
窓口持参 平成30年 2月13日(火)~ 2月23日(金)
  
5.出願方法
 出願書類と入学検定料納入連絡票を所定の封筒(簡易書留)に入れ、期間内に郵送してください。
また、直接事務部入試広報に持参しても受付けます。その場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前9時00分から午後4時00分までに持参してください。

≪出願書類の提出先≫
川村学園女子大学 我孫子キャンパス 事務部入試広報 〒270-1138 千葉県我孫子市下ヶ戸1133番地 
  
6.出願書類
 
提出書類摘要
入学志願票
写真票
受験票
本学所定用紙
写真は、入学志願票と写真票に同一の写真を貼付。3ヶ月以内に撮影した正面、無帽、上半身、縦4㎝×横3㎝(白黒・カラーどちらでも可)
受験票の裏に住所・氏名を記入し、所定の料金の切手をお貼りください。
入学検定料納入連絡票本学所定用紙〈「入学検定料」参照〉
卒業(見込)証明書※
または
修了(見込)証明書※
出身大学で発行されたもの。なお、大学院修士修了(見込)の方は学部と大学院を両方提出(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
成績証明書※在籍していた全ての大学・学部の成績証明書
出身大学学長または学部長が作成した厳封されたもの。なお、大学院修士修了(見込)の方は学部と大学院を両方提出。
また、編入学した場合には編入前の大学と編入後の大学の両方の成績証明書が必要(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
研究計画書本学所定用紙
(志望理由を記したうえ、本学の専攻の何の領域を学び、何を研究し、何を修得したいのかを具体的に記述してください。)
履歴書本学所定用紙
推薦書
(現職教員入学試験受験者のみ)
本学所定用紙(厳封)
教育職員免許状等の
資格を証明する書類
(現職教員入学試験受験者のみ)
取得している免許状のコピー、資格を証明できる書類
住民票
(外国籍の受験者のみ)
現住所の市町村長が発行した在留資格・在留資格が記載されたもの。
市町村役場発行の住民票。ただし、日本に居住実績がない方は、短期滞在ビザのコピーとパスポートのコピーを提出。
国費外国人留学生証明書
(外国籍の受験者のみ)
国費外国人留学生のみ
 ※各種証明書記載と氏名等が異なる場合は、戸籍抄本を提出してください。
*健康診断証明書は不要です。ただし、本大学院入学後に実施される健康診断を必ず受診してください。
  
7.入学検定料
 35,000円(消費税非課税)
 納入方法は、次の手順で行ってください。
 
(1)必ず同封の本学所定振込用紙を使用し、各金融機関の窓口で納入してください。
・ゆうちょ銀行・郵便局からは振込方法が異なります。事前にゆうちょ銀行・郵便局の窓口でご確認ください。
・氏名等は忘れずに記入してください。
・自動振込機(ATM)は、使用しないでください。
(2)振込依頼書に必要事項を記入のうえ、切り離さずに金融機関の窓口に提出し、振込み後、「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を受け取り、取扱い金融機関の収納印が「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」とも押印されていることを確認してください。 
(3)「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を切り離し、「(1)振込連絡票」は出願書類と共に提出してください。
*なお、提出書類の返還及び入学検定料の払戻しは行いませんので、了承してください。
  
8.出願資格の認定
 出願資格について、本大学院の認定を得なければならない出願の方は、出願手続きに先立って、あらかじめ資格審査の申込みを行ってください。該当者は、出願期間開始の1カ月前までに、事務部入試広報において、書面による審査申込みを行ってください。審査に時間を要する場合もあるので、充分に留意してください。
 
身体の機能の障害等により受験に際して特別な配慮を必要とする場合は、
出願前に必ず我孫子キャンパス事務部入試広報へ問い合わせてください
  
9.選抜方法
 入学者の選考は、試験(筆記・面接)の結果および書類審査(出願書類等)を総合して決定します。
  
10.試験日
 
試験区分試験日
I期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年 9月23日(土)
II期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年11月23日(木)
III期入学試験平成30年 3月3日(土)
  
11.試験場
 川村学園女子大学 我孫子キャンパス
 (JR常磐線「天王台駅」下車 バス4分、JR成田線「東我孫子駅」下車 徒歩20分)
試験当日は午前9時00分までに集合してください。
  
12.試験時間割/試験科目および内容
  
 ≪一般入学試験≫
 
時間試験科目・内容
9:30~10:30『論述』または『英語』(100点)
論述は専門に限らない一般的な論述
英語は一般英語(辞書使用可)
11:00~12:00『小論文』(100点)
専攻領域に対応する専門事項
13:00~『面接』(100点)
受験科目、研究計画書その他に関わる質疑応答
(小論文についての口頭試問を含む)
 注.『英語』では辞書の使用は認めますが、電子辞書の持ち込みは認められません。
  
 ≪社会人入学試験
 
時間試験科目・内容
9:30~10:30『論述』(100点)
論述は専門に限らない一般的な論述
11:00~12:00『小論文』(100点)
専門領域に対応する専門事項
13:00~『面接』(100点)
受験科目、研究計画書その他に関わる質疑応答
(小論文についての口頭試問を含む)
  
 
≪現職教員入学試験≫
時間試験科目・内容
9:30~10:30『論述』(100点)
論述は学校教育に関する論述
11:00~12:00『小論文』(100点)
専門領域に対応する専門事項
13:00~『面接』(100点)
受験科目、研究計画書その他に関わる質疑応答
(小論文についての口頭試問を含む)
 
 
≪スカラシップ入試について≫
大学院のスカラシップ入試は、授業料・施設費(896,000円)の半額を2年間免除する制度です。I期入学試験<スカラシップ入試含む> または II期入学試験<スカラシップ入試含む>を受験し、合計得点の得点率が80%以上で、それぞれの入試で各専攻1名が対象になります。
  
 ◆免除の継続
 免除の継続は、学年末の成績評価において、C評価、D評価、N評価がないことが条件となります。
条件を満たしていない場合は特待生を継続できません。
  
13.合格発表
 
試験区分合格発表日
I期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年 9月26日(火)
II期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年11月25日(土)
III期入学試験平成30年 3月 5日(月)
 
(1)受験者全員に合否通知書を郵送します。
(2)合格者には、合格通知書と入学手続書類を速達で郵送します。
(3)合否に関して、電話等による問い合わせには応じられません。
  
14.入学手続
 
試験区分入学手続期間
I期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年 9月27日(水)~10月 3日(火)
午前9時00分~午後3時00分   *土・日・祝日を除く
II期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年11月27日(月)~12月1日(金)
午前9時00分~午後3時00分   
III期入学試験平成30年 3月 6日(火)~ 3月12日(月)
午前9時00分~午後3時00分   *土・日・祝日を除く
 入学手続きは、上記期間内に完了してください。
手続きを完了しない場合は、入学の意志がないものとみなします。
  
15.入学手続方法/必要書類
 入学手続きは、最寄りの金融機関で合格通知書に同封の本学所定込用紙により入学手続時納入金を納入後、手続期間内に入学手続書類を本学に持参または郵送してください。持参する場合は我孫子キャンパス事務部入試広報窓口にて午前9時から午後3時の間に手続きをしてください。郵送の場合は締切日必着とします。
なお、詳細については合格通知に「入学手続要領」を同封しますので、必ず確認してください。

≪手続時に必要な書類≫
 1.合格通知書 2.受験票 3.入学手続納入金振込連絡票(1) 4.交付された手続書類一式
 となります。
  
16.入学手続時納入金
 
専攻入学金設備資金合計
教育学300,000円120,000円420,000円
 上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。なお、入学手続時に納入された費用は、所定の期日までに入学辞退手続を完了した場合を除いて、一切返還しませんので了承してください。
  
17.入学後の費用
 
専攻授業料施設費実験実習費
教育学696,000円200,000円20,000円
 他に、後援会費24,000円(平成29年度実績)が必要となります。また、履修する科目により別途徴収するものがあります。上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。費用は、前期・後期の2回に分けて納入することができます。
  
18.入学時期
 平成30年4月1日
ただし、卒業見込みの資格で受験した方で、入学時期までに卒業していない場合は、入学資格を喪失します。
  
19.入学辞退
 

入学手続きを完了した者が入学を辞退する場合、合格通知書・保証人及び本人の印鑑を持参のうえ、事務部入試広報受付窓口に申し出てください。
郵送での手続を希望される場合は、事務部入試広報(04-7183-0114)までご連絡ください。

入学辞退手続を平成30年3月15日(木)午後3時までに完了した場合、設備資金についてのみ、平成30年3月末日までに振込みにより返還いたします。
また、平成30年3月16日(金)から、平成30年3月30日(金)午後3時までに完了した場合は、平成30年4月末日までに同じく銀行振込みにより返還いたします。

〈窓口受付時間〉午前9時~午後3時(土曜日・日曜日・祝日・3月22日(木)は除く)

  
20.補欠者
 補欠者には、合格発表日に補欠通知を速達で郵送します。ただし、補欠者は合格者ではありません。
合格者の入学手続き締切り後に、欠員が生じた場合に限り、補欠者を上位から繰り上げ(本人に電話で連絡します)て合格とし、入学を許可します。なお、このことに関しての電話等による問い合わせには、応じられません。
 
試験区分補欠通知繰上げ合格連絡開始
I期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年 9月26日(火)平成29年10月 3日(火)
午後3時00分以降 電話連絡
II期入学試験
<スカラシップ入試含む>
平成29年11月25日(土)平成29年12月1日(金)
午後3時00分以降 電話連絡
III期入学試験平成30年 3月 5日(月)平成30年 3月12日(月)
午後3時00分以降 電話連絡
  
21.問い合わせ等
 入学試験に関する問い合わせや受験相談等については、事務部入試広報(TEL.04-7183-0114)へ連絡してください。
  
22.その他
 

<入学手続金振替制度>
 
入学手続金について、大学院Ⅰ期入学試験に合格し入学手続きを完了している方が、大学院Ⅱ期入学試験に合格し入学手続きを行う場合、それを振り替えることが可能となります。その場合、先に入学手続した専攻については辞退したものとします。

<試験場の下見>
 
試験前日の正午までとなります(土・日・祝日を除く)。なお、試験室内は公開しておりません。

<試験当日の注意>
(1)構内への入構は、午前8時30分からとします。
(2)入構の際には、係員に受験票を提示してください。
(3)受験票を忘れた場合は、係員に申し出てその指示を受けてください。
(4)試験開始後30分以内の遅刻は認めます。但し、試験時間の延長は認めません。
  
なお、試験当日の交通機関の事故または災害等により遅れる場合は、直ちに事務部入試広報 (04-7183-0114)まで連絡をしてください。
(5)全試験が終了するまでは、構内から出ることはできません。
(6)駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関を利用してください。
(7)不測の事態により、試験実施が困難となる場合は、本学ホームーページにてお知らせいたします ので、ご確認ください。

<試験当日に持参するもの>

(1)受験票 (2)鉛筆(HBまたはB) (3)ボールペンまたは万年筆 (4)プラスチック消しゴム (5)昼食

<試験室での注意>
(1)試験室では、試験監督の指示に従ってください。
(2)試験室では、受験番号と同じ番号の席についてください。
(3)試験室では、常に受験票を机上の定められた場所に出しておいてください。
(4)答案の作成には、鉛筆(HBまたはB)・プラスチック消しゴムを使用してください。
   なお、下敷き、修正液、アラーム・辞書機能等が組み込まれた時計の使用は認めません。
(5)試験時間中に、退室することはできません。
(6)試験問題・解答用紙を持ち帰ることはできません。

<個人情報の取り扱いについて>

 出願書類等で本学が知り得た個人に関する情報及び入学試験結果等については、厳重に取り扱い適正な管理と保護に努めます。また、個人情報については、本学での入試関連業務、及びこれらに付随する事項の範囲内でのみ使用します。

<氏名等の表記について>
 合否通知書等の氏名について、コンピュータで表記できない文字については文字が置き換えられるか、
カタカナ等で表記される場合があります。また、住所についても、一部カタカナ等で表記される場合があります。これらの表記は誤りではありません。

 
※詳しくは「2018年度(平成30年度) 大学院 学生募集要項」で必ず確認してください。
 
 ●現職教員特別選抜入学試験
1.募集人員
 
専攻募集人員時期・入学試験区分
教育学5名[男・女]
7月 現職教員特別選抜入学試験 I期入学試験
3月 現職教員特別選抜入学試験 II期入学試験
 ※募集人員の中にI期・II期・III期入学試験、特別選抜入学試験、現職教員特別選抜入学試験I期・II期入学試験を含みます。
  
2.標準修業年限
 修士課程 2年
 ※現職教員の入学者には、1年間で修士論文を除く規定の修了要件単位を取得した場合、2年次に大学院に在籍しながら現職に復帰し、現職を継続しながら修士論文の作成を認めます。詳細は、『教育学専攻の概要』で確認してください。
  
3.出願資格
 現職教員特別選抜入学試験の出願資格は、都道府県教育委員会から内地留学生制度によって派遣される現職教員の方、または学校法人川村学園が設置する学校に勤務する現職教員の方。
この入学試験で対象とする現職教員とは、「学校教育法で定める幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の専任教員(養護教諭を含む)」として、入学時に3年以上の経験を有し、在職のまま入学する方です。また指導主事等、教育機関等に派遣されているか、出向している方を含みます。
上記の「現職教員」にあてはまり、かつ下記のいずれか該当する方です。
(1)大学を卒業した方
(2)大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された方
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方
(4)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方
(5)文部科学大臣が指定した方
(6)本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方
 
4.出願期間
 
試験区分期間
現職教員特別選抜入学試験
I期入学試験
郵送 平成29年6月12日(月)~6月26日(月) 必着
窓口持参 平成29年6月12日(月)~6月26日(月)
現職教員特別選抜入学試験
II期入学試験
郵送 平成30年2月13日(月)~ 2月23日(金) 必着
窓口持参 平成30年2月13日(月)~ 2月23日(金)
  
5.出願方法
 出願書類と入学検定料納入連絡票を所定の封筒(簡易書留)に入れ、期間内に郵送してください。
また、直接事務部入試広報に持参しても受付けます。その場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前9時00分から午後4時00分までに持参してください。

≪出願書類の提出先≫
川村学園女子大学 我孫子キャンパス 事務部入試広報 〒270-1138 千葉県我孫子市下ヶ戸1133番地 
  
6.出願書類
 
提出書類摘要
入学志願票
写真票
受験票
本学所定用紙
写真は、入学志願票と写真票に同一の写真を貼付。3ヶ月以内に撮影した正面、無帽、上半身、縦4㎝×横3㎝(白黒・カラーどちらでも可)
受験票の裏に住所・氏名を記入し、所定の料金の切手をお貼りください。
入学検定料納入連絡票本学所定用紙〈「入学検定料」参照〉
卒業証明書※
または
修了証明書※
出身大学で発行されたもの。なお、大学院修士修了の方は学部と大学院を両方提出(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
成績証明書※在籍していた全ての大学・学部の成績証明書
出身大学学長または学部長が作成した厳封されたもの。なお、大学院修士修了(見込)の方は学部と大学院を両方提出。
また、編入学した場合には編入前の大学と編入後の大学の両方の成績証明書が必要(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
研究計画書本学所定用紙
(志望理由を記したうえ、本学の専攻の何の領域を学び、何を研究し、何を修得したいのかを具体的に記述してください。)
履歴書本学所定用紙
推薦書本学所定用紙(厳封)
教育職員免許状等の
資格を証明する書類
取得している免許状のコピー、資格を証明できる書類
内地留学生等証明書
(内地留学制度によって
 派遣される教員のみ)
都道府県教育委員会が発行する内地留学等の証明書のコピー
 ※各種証明書記載と氏名等が異なる場合は、戸籍抄本を提出してください。
*健康診断証明書は不要です。ただし、本大学院入学後に実施される健康診断を必ず受診してください。
  
7.入学検定料
 35,000円(消費税非課税)
 納入方法は、次の手順で行ってください。
 
(1)必ず同封の本学所定振込用紙を使用し、各金融機関の窓口で納入してください。
・ゆうちょ銀行・郵便局からは振込方法が異なります。事前にゆうちょ銀行・郵便局の窓口でご確認
 ください。
・氏名等は忘れずに記入してください。
・自動振込機(ATM)は、使用しないでください。
(2)振込依頼書に必要事項を記入のうえ、切り離さずに金融機関の窓口に提出し、振込み後、「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を受け取り、取扱い金融機関の収納印が「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」とも押印されていることを確認してください。 
(3)「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を切り離し、「(1)振込連絡票」は出願書類と共に提出してください。
*なお、提出書類の返還及び入学検定料の払戻しは行いませんので、了承してください。
  
8.出願資格の認定
 出願資格について、本大学院の認定を得なければならない出願の方は、出願手続きに先立って、あらかじめ資格審査の申込みを行ってください。該当者は、出願期間開始の1カ月前までに、事務部入試広報において、書面による審査申込みを行ってください。審査に時間を要する場合もあるので、充分に留意してください。
 
身体の機能の障害等により受験に際して特別な配慮を必要とする場合は、
出願前に必ず我孫子キャンパス事務部入試広報へ問い合わせてください。
  
9.選抜方法
 入学者の選考は、口述試験の結果および書類審査(出願書類等)を総合して決定します。
  
10.試験日
 
試験区分試験日
現職教員特別選抜入学試験
I期入学試験
平成29年7月8日(土)
現職教員特別選抜入学試験
II期入学試験
平成30年3月3日(土)
  
11.試験場
 川村学園女子大学 我孫子キャンパス
 (JR常磐線「天王台駅」下車 バス4分、JR成田線「東我孫子駅」下車 徒歩20分)
試験当日は午前9時00分までに集合してください。
  
12.試験時間割/試験科目および内容
  
 
≪現職教員特別選抜入学試験≫
時間試験科目・内容
9:30~『口述試験』(100点)
研究計画書その他に関わる質疑応答
 
 
≪特待生制度について≫
教育学専攻 現職教員特別選抜入学試験Ⅰ期またはⅡ期の特待生制度に合格し入学され、下記のそれぞれの条件を満たした場合は入学後の費用(授業料・施設費)の全額(896,000円/年)を標準修業年限を限度として免除されます。
  
 現職教員特別選抜入学試験Ⅰ期
 ・現職において小学校教諭一種免許状を所持していること。
・合計得点の上位2名
・在学中において学部学生に対して、教職に関する助言に協力すること。
  
 現職教員特別選抜入学試験Ⅱ期
 ・現職において小学校教諭一種免許状を所持していること。
・合計得点の上位1名
・在学中において学部学生に対して、教職に関する助言に協力すること。
  
 ◆免除の継続
 免除の継続は、学年末の成績評価において、C評価、D評価、N評価がないことが条件となります。
条件を満たしていない場合は特待生を継続できません。
  
13.合格発表
 
試験区分合格発表日
現職教員特別選抜入学試験
I期入学試験
平成29年7月11日(火)
現職教員特別選抜入学試験
II期入学試験
平成30年3月5日(月)
 
(1)受験者全員に合否通知書を郵送します。
(2)合格者には、合格通知書と入学手続書類を速達で郵送します。
(3)合否に関して、電話等による問い合わせには応じられません。
  
14.入学手続
 
試験区分入学手続期間
現職教員特別選抜入学試験
I期入学試験

平成29年7月12日(水)~7月19日(水)
午前9時00分~午後3時00分   *土・日・祝日を除く

現職教員特別選抜入学試験
II期入学試験
平成30年 3月6日(火)~3月12日(月)
午前9時00分~午後3時00分   *土・日・祝日を除く
 入学手続きは、上記期間内に完了してください。
手続きを完了しない場合は、入学の意志がないものとみなします。
  
15.入学手続方法/必要書類
 入学手続きは、最寄りの金融機関で合格通知書に同封の本学所定込用紙により入学手続時納入金を納入後、手続期間内に入学手続書類を本学に持参または郵送してください。持参する場合は我孫子キャンパス事務部入試広報窓口にて午前9時から午後3時の間に手続きをしてください。郵送の場合は締切日必着とします。
なお、詳細については合格通知に「入学手続要領」を同封しますので、必ず確認してください。

≪手続時に必要な書類≫
 1.合格通知書 2.受験票 3.入学手続納入金振込連絡票(1) 4.交付された手続書類一式
 となります。
  
16.入学手続時納入金
 
専攻入学金設備資金合計
教育学300,000円120,000円420,000円
 上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。なお、入学手続時に納入された費用は、所定の期日までに入学辞退手続を完了した場合を除いて、一切返還しませんので了承してください。
  
17.入学後の費用
 
専攻授業料施設費実験実習費
教育学696,000円200,000円20,000円
 他に、後援会費24,000円(平成29年度実績)が必要となります。また、履修する科目により別途徴収するものがあります。上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。費用は、前期・後期の2回に分けて納入することができます。
  
 ※特待生制度の授業料・施設費の免除について
 教育学専攻 現職教員特別選抜入学試験Ⅰ期またはⅡ期の特待生制度に合格し入学された場合は入学後の費用(授業料・施設費)の全額(896,000円/年)を標準修業年限を限度として免除されます。
  
 ◆免除の継続
 免除の継続は、学年末の成績評価において、C評価、D評価、N評価がないことが条件となります。
 条件を満たしていない場合は特待生を継続できません。
  
18.入学時期
 平成30年4月1日
  
19.入学辞退
 入学手続きを完了した者が入学を辞退する場合、合格通知書・保証人及び本人の印鑑を持参のうえ、事務部入試広報受付窓口に申し出てください。
入学辞退手続を平成30年3月15日(木)午後3時までに完了した場合、設備資金についてのみ、平成30年3月末日までに振込みにより返還いたします。
また、平成30年3月16日(金)から、平成30年3月30日(金)午後3時までに完了した場合は、平成30年4月末日までに同じく銀行振込みにより返還いたします。

〈窓口受付時間〉午前9時~午後3時(土曜日・日曜日・祝日・3月22日(木)は除く)
  
20.問い合わせ等
 入学試験に関する問い合わせや受験相談等については、事務部入試広報(TEL.04-7183-0114)へ連絡してください。
  
21.その他
 

<入学手続金振替制度>
 
入学手続金について、大学院Ⅰ期入学試験に合格し入学手続きを完了している方が、大学院Ⅱ期入学試験に合格し入学手続きを行う場合、それを振り替えることが可能となります。その場合、先に入学手続した専攻については辞退したものとします。

<試験場の下見>
 
試験前日(土・日・祝日を除く)の正午までとなります。なお、試験室内は公開しておりません。

<試験当日の注意>
(1)構内への入構は、午前8時30分からとします。
(2)入構の際には、係員に受験票を提示してください。
(3)受験票を忘れた場合は、係員に申し出てその指示を受けてください。
(4)試験開始後30分以内の遅刻は認めます。但し、試験時間の延長は認めません。
   なお、試験当日の交通機関の事故または災害等により遅れる場合は、直ちに事務部入試広報 (04-7183-0114)まで連絡をしてください。
(5)全試験が終了するまでは、構内から出ることはできません。
(6)駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関を利用してください。
(7)不測の事態により、試験実施が困難となる場合は、本学ホームーページにてお知らせいたします ので、ご確認ください。

<試験当日に持参するもの>

(1)受験票 (2)鉛筆(HBまたはB) (3)ボールペンまたは万年筆 (4)プラスチック消しゴム

<試験室での注意>
(1)試験室では、試験監督の指示に従ってください。
(2)試験室では、受験番号と同じ番号の席についてください。
(3)試験室では、常に受験票を机上の定められた場所に出しておいてください。
(4)試験時間中に、退室することはできません。

<個人情報の取り扱いについて>

 出願書類等で本学が知り得た個人に関する情報及び入学試験結果等については、厳重に取り扱い適正な管理と保護に努めます。また、個人情報については、本学での入試関連業務、及びこれらに付随する事項の範囲内でのみ使用します。

<氏名等の表記について>
 合否通知書等の氏名について、コンピュータで表記できない文字については文字が置き換えられるか、
カタカナ等で表記される場合があります。また、住所についても、一部カタカナ等で表記される場合があります。これらの表記は誤りではありません。

※詳しくは「2018年度(平成30年度) 大学院 学生募集要項」で必ず確認してください。

 

 
●長期研修生特別選抜入学試験
1.募集人員
 
専攻募集人員時期・入学試験区分
教育学5名[男・女]
2月 長期研修生特別選抜入学試験 
 ※募集人員の中にI期・II期・III期入学試験、特別選抜入学試験、現職教員特別選抜入学試験I期・II期入学試験・長期研修生特別選抜入学試験を含みます。
  
2.標準修業年限
 修士課程 2年(原則)
 ※現職教員の入学者には、30単位以上を修得し、かつ、必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査及び試験に合格し、該当研究科が優れた業績を上げたと認める方については1年間での修了を認めます。
  
3.出願資格
 長期研修生特別選抜入学試験の出願資格は、都道府県教育委員会から内地留学生制度によって派遣される現職教員の方で、小学校教諭一種免許状を所持し「学校教育法で定める幼稚園・小学校・中学校・高等学校・中等教育学校・特別支援学校の専任教員(養護教諭を含む)」として、入学時に3年以上の経験を有し、在職のまま入学する方です。また指導主事等、教育機関等に派遣されているか、出向している方を含みます。
上記の「現職教員」にあてはまり、かつ下記のいずれか該当する方です。
(1)大学を卒業した方
(2)大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された方
(3)外国において、学校教育における16年の課程を修了した方
(4)専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以降に修了した方
(5)文部科学大臣が指定した方
(6)本大学院において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方
 
4.出願期間
 
試験区分期間
長期研修生特別選抜入学試験
郵送 平成30年1月29日(月)~2月9日(金) 必着
窓口持参 

平成30年1月29日(月)~2月9日(金)

  
5.出願方法
 出願書類と入学検定料納入連絡票を所定の封筒(簡易書留)に入れ、期間内に郵送してください。
また、直接事務部入試広報に持参しても受付けます。その場合は、月曜日から金曜日(祝日を除く)の午前9時00分から午後4時00分までに持参してください。

≪出願書類の提出先≫
川村学園女子大学 我孫子キャンパス 事務部入試広報 〒270-1138 千葉県我孫子市下ヶ戸1133番地 
  
6.出願書類
 
提出書類摘要
入学志願票
写真票
受験票
本学所定用紙
写真は、入学志願票と写真票に同一の写真を貼付。3ヶ月以内に撮影した正面、無帽、上半身、縦4㎝×横3㎝(白黒・カラーどちらでも可)
受験票の裏に住所・氏名を記入し、所定の料金の切手をお貼りください。
入学検定料納入連絡票本学所定用紙〈「入学検定料」参照〉
卒業証明書※
または
修了証明書※
出身大学で発行されたもの。なお、大学院修士修了の方は学部と大学院を両方提出(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
成績証明書※在籍していた全ての大学・学部の成績証明書
出身大学学長または学部長が作成した厳封されたもの。なお、大学院修士修了(見込)の方は学部と大学院を両方提出。
また、編入学した場合には編入前の大学と編入後の大学の両方の成績証明書が必要(発行日から3ヶ月以内のものに限る。)
研究計画書本学所定用紙
(志望理由を記したうえ、本学の専攻の何の領域を学び、何を研究し、何を修得したいのかを具体的に記述してください。)
履歴書本学所定用紙
推薦書

本学所定用紙(厳封)*所属する学校長または所属長が作成したもの。

教育職員免許状等の
資格を証明する書類
取得している免許状のコピー、資格を証明できる書類
内地留学生等証明書
(内地留学制度によって
 派遣される教員のみ)
都道府県教育委員会が発行する内地留学等の証明書のコピー
 ※各種証明書記載と氏名等が異なる場合は、戸籍抄本を提出してください。
*健康診断証明書は不要です。ただし、本大学院入学後に実施される健康診断を必ず受診してください。
  
7.入学検定料
 35,000円(消費税非課税)
 納入方法は、次の手順で行ってください。
 
(1)必ず同封の本学所定振込用紙を使用し、各金融機関の窓口で納入してください。
・ゆうちょ銀行・郵便局からは振込方法が異なります。事前にゆうちょ銀行・郵便局の窓口でご確認
 ください。
・氏名等は忘れずに記入してください。
・自動振込機(ATM)は、使用しないでください。
(2)振込依頼書に必要事項を記入のうえ、切り離さずに金融機関の窓口に提出し、振込み後、「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を受け取り、取扱い金融機関の収納印が「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」とも押印されていることを確認してください。 
(3)「(1)振込連絡票」「(2)振込金受取書」を切り離し、「(1)振込連絡票」は出願書類と共に提出してください。
*なお、提出書類の返還及び入学検定料の払戻しは行いませんので、了承してください。
  
8.出願資格の認定
 出願資格について、本大学院の認定を得なければならない出願の方は、出願手続きに先立って、あらかじめ資格審査の申込みを行ってください。該当者は、出願期間開始の1カ月前までに、事務部入試広報において、書面による審査申込みを行ってください。審査に時間を要する場合もあるので、充分に留意してください。
 
身体の機能の障害等により受験に際して特別な配慮を必要とする場合は、
出願前に必ず我孫子キャンパス事務部入試広報へ問い合わせてください。
  
9.選抜方法
 入学者の選考は、口述試験の結果および書類審査(出願書類等)を総合して決定します。
  
10.試験日
 
試験区分試験日
長期研修生特別選抜入学試験平成30年2月17日(土)
  
11.試験場
 川村学園女子大学 我孫子キャンパス
 (JR常磐線「天王台駅」下車 バス4分、JR成田線「東我孫子駅」下車 徒歩20分)
試験当日は午前9時00分までに集合してください。
  
12.試験時間割/試験科目および内容
  
 
≪長期研修生特別選抜入学試験≫
時間試験科目・内容
9:30~『口述試験』(100点)
研究計画書その他に関わる質疑応答
 
 
≪特待生制度について≫
教育学専攻 長期研修生特別選抜入学試験に合格し入学され、下記のそれぞれの条件を満たした場合は、入学後の費用(授業料・施設費)の全額(896,000円/年)を標準修業年限を限度として免除されます。
  
 長期研修生特別選抜入学試験
 ・現職において小学校教諭一種免許状を所持していること。
・合計得点の上位1名
・在学中において学部学生に対して、教職に関する助言に協力すること。
  
13.合格発表
 
試験区分合格発表日
長期研修生特別選抜入学試験平成30年2月20日(火)
 
(1)受験者全員に合否通知書を郵送します。
(2)合格者には、合格通知書と入学手続書類を速達で郵送します。
(3)合否に関して、電話等による問い合わせには応じられません。
  
14.入学手続
 
試験区分入学手続期間
長期研修生特別選抜入学試験

平成30年2月21日(水)~2月27日(火)
午前9時00分~午後3時00分 *土・日を除く

 入学手続きは、上記期間内に完了してください。
手続きを完了しない場合は、入学の意志がないものとみなします。
  
15.入学手続方法/必要書類
 入学手続きは、最寄りの金融機関で合格通知書に同封の本学所定込用紙により入学手続時納入金を納入後、手続期間内に入学手続書類を本学に持参または郵送してください。持参する場合は我孫子キャンパス事務部入試広報窓口にて午前9時から午後3時の間に手続きをしてください。郵送の場合は締切日必着とします。
なお、詳細については合格通知に「入学手続要領」を同封しますので、必ず確認してください。

≪手続時に必要な書類≫
 1.合格通知書 2.受験票 3.入学手続納入金振込連絡票(1) 4.交付された手続書類一式
 となります。
  
16.入学手続時納入金
 
専攻入学金設備資金合計
教育学300,000円120,000円420,000円
 上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。なお、入学手続時に納入された費用は、所定の期日までに入学辞退手続を完了した場合を除いて、一切返還しませんので了承してください。
  
17.入学後の費用
 
専攻授業料施設費実験実習費
教育学696,000円200,000円20,000円
 他に、後援会費24,000円(平成29年度実績)が必要となります。また、履修する科目により別途徴収するものがあります。上記金額の消費税は、非課税につき課されていません。費用は、前期・後期の2回に分けて納入することができます。
  
 ※特待生制度の授業料・施設費の免除について
 教育学専攻 長期研修生特別選抜入学試験期の特待生制度に合格し入学された場合は入学後の費用(授業料・施設費)の全額(896,000円/年)を標準修業年限を限度として免除されます。
  
 ◆免除の継続
 免除の継続は、学年末の成績評価において、C評価、D評価、N評価がないことが条件となります。
 条件を満たしていない場合は特待生を継続できません。
  
18.入学時期
 平成30年4月1日
  
19.入学辞退
 入学手続きを完了した者が入学を辞退する場合、合格通知書・保証人及び本人の印鑑を持参のうえ、事務部入試広報受付窓口に申し出てください。
入学辞退手続を平成30年3月15日(木)午後3時までに完了した場合、設備資金についてのみ、平成30年3月末日までに振込みにより返還いたします。
また、平成30年3月16日(金)から、平成30年3月30日(金)午後3時までに完了した場合は、平成30年4月末日までに同じく銀行振込みにより返還いたします。

〈窓口受付時間〉午前9時~午後3時(土曜日・日曜日・祝日・3月22日(木)は除く)
  
20.問い合わせ等
 入学試験に関する問い合わせや受験相談等については、事務部入試広報(TEL.04-7183-0114)へ連絡してください。
  
21.その他
 

<試験場の下見>
 
試験前日(土・日・祝日を除く)の正午までとなります。なお、試験室内は公開しておりません。

<試験当日の注意>
(1)構内への入構は、午前8時30分からとします。
(2)入構の際には、係員に受験票を提示してください。
(3)受験票を忘れた場合は、係員に申し出てその指示を受けてください。
(4)試験開始後30分以内の遅刻は認めます。但し、試験時間の延長は認めません。
   なお、試験当日の交通機関の事故または災害等により遅れる場合は、直ちに事務部入試広報 (04-7183-0114)まで連絡をしてください。
(5)全試験が終了するまでは、構内から出ることはできません。
(6)駐車場には限りがあります。できるだけ公共交通機関を利用してください。
(7)不測の事態により、試験実施が困難となる場合は、本学ホームーページにてお知らせいたします ので、ご確認ください。

<試験当日に持参するもの>

(1)受験票 (2)鉛筆(HBまたはB) (3)ボールペンまたは万年筆 (4)プラスチック消しゴム

<試験室での注意>
(1)試験室では、試験監督の指示に従ってください。
(2)試験室では、受験番号と同じ番号の席についてください。
(3)試験室では、常に受験票を机上の定められた場所に出しておいてください。
(4)試験時間中に、退室することはできません。

<個人情報の取り扱いについて>

 出願書類等で本学が知り得た個人に関する情報及び入学試験結果等については、厳重に取り扱い適正な管理と保護に努めます。また、個人情報については、本学での入試関連業務、及びこれらに付随する事項の範囲内でのみ使用します。

<氏名等の表記について>
 合否通知書等の氏名について、コンピュータで表記できない文字については文字が置き換えられるか、
カタカナ等で表記される場合があります。また、住所についても、一部カタカナ等で表記される場合があります。これらの表記は誤りではありません。

※詳しくは「2018年度(平成30年度) 大学院 学生募集要項」で必ず確認してください。