教職課程

~教育のプロとしての実力を身につけるために~

本学の教職課程では、「教員としての基礎・基本となる教育力を身につけた、優れた教員の養成」を掲げ、教職課程を履修し教員をめざす学生や、保育士の資格取得を希望する学生のために、教職課程ガイダンスの実施と個別面談・履修指導、学校ボランティアの相談、教員採用試験対策講座の実施など、様々な支援を行っています。

幼稚園教諭・保育士

幼児教育体験学習

野菜を栽培し調理したり、外部の講師を招いて多様な考えに触れたりしながら学生の生活経験を育むこの授業は、教育現場ですぐに役立つプログラムです。

保育・教職実践演習

保育・幼児教育の知識を活かし、園のパンフレットを作ったり、後輩に向けて実習の心構えや子どもの様子を伝えたりと、先生になりきって学習します。

小学校教諭

地域の小学校見学・連携

地域の小学生を対象に「夏休み特別教室」を開催。大学キャンパス内に小学生を招いて、実際の授業を展開し行います。

1年生・2年生は、年に数回、地域の小学校見学を行い、教員としての自覚を養います。

「寺子屋コホミン」での学習支援ボランティア

2年生は授業の一環で我孫子市湖北地区公民館主催の学習支援ボランティアに参加します。

教育実習演習

4年生の教員採用試験受験者は、試験科目(集団面接など)の特訓を行います。

中学・高等学校教諭

ICT教育

ICT教室には電子黒板とタブレットパソコンが備え付けられており、教員をめざす学生は全員が「教育方法学」の授業でその基本的な操作方法や活用の仕方を一から学ぶことができます。近年重要性が高まるデジタル教科書に関しては、それを利用した単元の開発にも取り組んでいます。