教員紹介

 
氏名
国谷 直己
クニヤ ナオキ
KUNIYA Naoki
 
所属学部・所属学科・職名
教育学部 幼児教育学科 講師
 
担当科目名
教育原理、教育史、保育実践演習Ⅰ(事前・事後指導)、保育実習Ⅰ、保育実践演習Ⅲ(事前・事後指導)、保育実習Ⅲ、幼児教育体験学習、基礎ゼミナール、共通教育特別講座(2)、教職教養演習(3)、卒業研究演習、卒業研究
 
研究分野・テーマ
教育学、教育史(日本)、保育史(日本)、教育制度史(日本)
 
研究業績・著書・論文などの紹介
著書

・「戦時下の学校と教育(含・植民地の教育)(コラム:『昭和維新』と教師―二つのテロリズムの接合―)」、宇内一文編『教職のための学校と教育の思想と歴史』(第11章)平成30年4月

論文

・「戦前における茨城県教育界の「日本主義」への傾斜と今宮千勝(1894-1974)の教育思想の関連性」平成23年3月、東洋大学修士学位論文

・「第二次世界大戦前の新教育運動の展開に関する一考察―今宮千勝(1894-1974)の教育思想に着目して―」平成24年11月、『近畿大学豊岡短期大学論集』(近畿大学豊岡短期大学論集委員会)第11号

・「茨城県教育綱領」制定経緯の実相―不敬事件との関連をめぐって―」平成29年5月、『地方教育史研究』(全国地方教育史学会)第38号

・「昭和戦前期における水戸学を基調とした教育の形成と発展―茨城県下の教員群像に着目して―」平成30年3月、『日本教育史学会紀要』(日本教育史学会)第8巻

・「保育実習の事前指導におけるメンターとメンティの相互作用に関する一考察」令和2年3月、『川村学園女子大学教職センター年報』(川村学園女子大学教職センター)第4号

 
所属する主な学会および社会における活動
教育史学会、日本教育史学会、日本教育史研究会、全国地方教育史学会、関東教育学会
 
オフィスアワー
月曜日5限
 
学生へのメッセージ
みなさんは、これまで当然のように学校に通い、教育とは何なのか振り返る機会がなかったと思います。教育とは、〇〇が〇〇へ〇〇を教える(「伝承」や「創造」など)営みです。過去、現在、未来を学習しながら、その「当然」の本質を改めて一緒に考えませんか。
ページトップへ