教員紹介

 
氏名
高山 啓子
タカヤマ ケイコ
TAKAYAMA Keiko
 
所属学部・所属学科・職名
生活創造学部 生活文化学科 教授
 
 
担当科目名
観光社会学、景観論、観光文化実践、観光文化専門演習(観光社会学)、社会学、社会学概論、基礎ゼミナール、プレゼミナール、他
 
研究分野・テーマ
≪研究分野≫
社会学(相互行為分析、メディア研究、観光社会学)

≪研究テーマ≫
視覚的経験の語られ方、観光まちづくり
 
研究業績・著書・論文などの紹介

≪著書≫
宮島喬編『文化の社会学-実践と再生産のメカニズム-』有信堂、1995年
西阪仰、山崎敬一編『語る身体・見る身体』ハーベスト社、1997年

≪翻訳≫
J.メイロウィッツ(安川一、高山啓子、上谷香陽訳)『場所感の喪失(上)』新曜社、2003年
M.リンチ(水川喜文、中村和生監訳)『エスノメソドロジーと科学実践の社会学』勁草書房、2012年

≪論文≫
  「社会現象としての観光―メディアによる観光のイメージ構成―」『川村学園女子大学研究紀要』16巻2号、2005年  
「景観のテーマ化によるまちづくり―修理・修景における選択と排除―」『川村学園女子大学研究紀要』27巻2号 2016年

「アートイベントと観光まちづくり―瀬戸内国際芸術祭を中心に―」『川村学園女子大学研究紀要』28巻3号 2017年

 
所属する主な学会および社会における活動
日本社会学会、関東社会学会、我孫子市景観審議会審議委員
 
オフィスアワー
火曜日 12:00-12:50(目白) 水曜日 12:00-12:50(我孫子)
 
学生へのメッセージ
自分の身の周りのことから、遠い世界のことまで、いろいろな出来事に興味を持って下さい。
ページトップへ