教員紹介

 
氏名
千野 裕子
チノ ユウコ
CHINO Yuko
 
所属学部・所属学科・職名
文学部 日本文化学科 講師
 
担当科目名
≪日本文化学科専門科目≫
基礎ゼミナール
プレゼミナール
古典文学を読む(1)(2)
日本文学と女性(古典)
王朝の文化と文学(2)
日本文化専門演習Ⅱ(1)(2)(古典文学)

≪共通教育科目≫
文学(1)(2)
日本語と表現(1)
文章表現法
キャリアプランニングⅢⅣ
 
研究分野・テーマ
≪研究分野≫
中古文学

≪テーマ≫
王朝物語文学における脇役、特に女房たちの機能についての研究
平安後期物語と先行物語や歴史的事象とのかかわりの研究
 
研究業績・著書・論文などの紹介
≪論文≫
「『狭衣物語』と『源氏物語』夕霧巻―一品宮物語を中心に―」(『日本文学』第64巻9号、日本文学協会)2015年9月

「『狭衣物語』と陸奥の合戦―飛鳥井女君物語から―」(『物語研究』第15号、物語研究会)2015年3月

「源典侍と弁の尼―亡き父へとつながる〈昔語り〉の女房」(源氏物語を読む会編『源氏物語〈読み〉の交響Ⅱ』新典社)2014年9月

「飛鳥井女君の〈文目〉をなす脇役たち」(井上眞弓・乾澄子・鈴木泰恵・萩野敦子編『狭衣物語 文の空間』翰林書房)2014年5月

「浮舟物語と正篇世界―女房「侍従」「右近」から―」(『物語研究』第14号、物語研究会)2014年3月

「『うつほ物語』「蔵開」「国譲」巻の脇役たち―情報過多の世界の媒介者―」(『学習院大学大学院日本語日本文学』第10号)2014年3月

「漂流譚」、「女房論」(学習院大学平安文学研究会編『うつほ物語大事典』勉誠出版)2013年2月

「『源氏物語』における女房「中将」―宇治十帖とその「過去」たる正篇」(『古代中世文学論考』第26集、新典社)2012年4月

「物語における「物語」―『狭衣物語』の方法」、「『狭衣物語』の女房たち―女二宮物語から」(物語研究会編『記憶の創生』翰林書房)2012年3月

≪事典項目≫
学習院大学平安文学研究会編『うつほ物語大事典』(勉誠出版2013年2月)の「登場人物 脇役・端役編」(共著)、
「梗概(俊蔭~沖つ白波)」、「系図」、「洗髪」、「石帯」、「神泉苑」、「受領」
 
所属する主な学会および社会における活動
中古文学会、日本文学協会、物語研究会
 
オフィスアワー
月曜日16:10~17:40
 
学生へのメッセージ

何かの物語に触れて「面白い!」と思ったなら、「なぜ面白いと感じたのだろう?」と考えてみてください。そのとき皆さんはもう文学研究の扉のノブに手をかけています。
私の専門は平安時代の物語ですが、研究をしているうちに、ありとあらゆるフィクション――それは小説だけでなく、漫画やテレビドラマやネット動画まで――の見方が変わってきたような気がしています。そういう体験を皆さんとも一緒にできればと思います。

ページトップへ