教員紹介

 
氏名
菱田 信彦
ヒシダ ノブヒコ
HISHIDA Nobuhiko
 
所属学部・所属学科・職名
文学部 国際英語学科 教授 / 学科長
 
担当科目名

≪国際英語学科専門科目≫

基礎ゼミナール

イギリス文化史(1)(2)

コミュニケーション基礎演習

MANGAとanime

英語文学演習/国際文化演習(4)

インターナショナル・プログラム(1)

セミナー

卒業研究

 ≪共通科目≫

TOEIC特別講座(3)

国際コミュニケーション(イギリス研修)
 
研究分野・テーマ
イギリス小説、英米児童文学、文学批評理論、とくに児童文学作品における階級・ジェンダー・人種表象について
 
研究業績・著書・論文などの紹介

≪論文≫

◆「ダンブルドアはゲイだった?:『ハリー・ポッター』シリーズにおける男たちの系譜」、『川村学園女子大学研究紀要』第30巻1号、2019年、1-12.

◆「協同学習をとり入れた英語教育における異文化理解へのとり組み:イギリス史に関する文献を題材として」、『川村学園女子大学研究紀要』第29巻1号、2018年、23-47.

◆「A rich jewel worn by a blackamoor :ラムの『ロミオとジュリエット』における原作の改変」、『川村英文学』第22号、2017年、17-32.

◆「従順なエルフと抵抗するゴブリン:『ハリー・ポッター』シリーズの魔法種族における価値の逆転」、『東京女子大学比較文化研究所紀要』第78号、2017年、59-76.

 ≪著書≫

◆『快読「赤毛のアン」』、彩流社(フィギュール彩15)、2014年.

 
所属する主な学会および社会における活動
日本英文学会、日本イギリス児童文学会、川村英文学会
 
オフィスアワー

<目白キャンパス> 前期 火曜14:30~16:00、後期 火曜12:50~14:20

 
学生へのメッセージ
私のゼミでは、『不思議の国のアリス』、『ピーターパン』、『クマのプーさん』、『メアリー・ポピンズ』、「ナルニア国ものがたり」シリーズ、「ハリー・ポッター」シリーズなどにおいて、イギリスの階級制度や「イギリス帝国」のイメージがどう反映されているかを分析しています。たとえば、プーさんたちが暮らしている「百エーカーの森」に、新たな住人としてまずカンガとルーの母子、それからティガーがやってきます。私たちはこれを何ということもなく読んでいますが、カンガルーの生息地オーストラリアと虎の生息地インドが、作品が書かれた当時イギリスの「植民地」だったことに思い至ると、このエピソードはまったく違うイメージをもちはじめます。背景となる歴史や文化がちょっとわかると、物語はもっと面白くなりますよ!
ページトップへ