幼児教育体験学習

子どもたちは、保育園や幼稚園の先生やお友だちと一緒に、様々な動植物と身近に接したり、日本の文化や伝統に触れたりしながら、生活経験を豊かにしていきます。幼児教育学科では、これらのことを見通して幼児教育体験学習の授業があります。そこでは、先生になったときに即現場で生かせる術を、体得することができます。以下に、その幾つかを紹介します。

植物栽培と飯盒炊爨:春に様々な植物を植えることから始まり、栽培、収穫し、飯盒炊爨につなげていきます。

浴衣の着付け練習会:保育園や幼稚園では、夏期保育の時に浴衣を着ることがあります。日本の夏の風物の浴衣を一人で着られるようになるまで練習をします。

附属保育園で保育体験:1年生の夏休みに、隣接する附属保育園で保育士としてのミニ体験をします。まだ勉強はこれからという時に、保育体験ができるのはとても楽しいです!