4年間の学び

1年次音楽・造形・運動をはじめとする実技科目や保育の基礎知識を学習。
附属保育園体験実習では子どもとふれ合う機会も設けています。

幼児教育
体験学習

竹内 啓

本科目では、幼児教育現場で役立つ活動を通して、多様な「ひと・もの・こと」に接する体験をします。附属保育園体験実習をはじめ、野菜を育てて収穫し食べたり、制作をしたり、外部講師の講義を聴いたり、行事に関する学びをしたりします。

  • 保育・教職入門
  • 発達心理学
  • 乳児保育
  • 造形
  • 基礎ゼミナール
  • 総合講座

2年次保育実習Ⅰ(保育所)の実習を実施。保育の計画・指導・援助の方法について学んでいきます。

子どもと運動

古屋 朝映子

本科目では、様々な用具を活用した運動の実践や、身体表現作品の制作・上演をおこないます。これらを通じて、子どもと一緒に運動を楽しめる身体と心を育むとともに、子どもの豊かな生活を支える運動環境を「自ら」構築できる能力を育みます。

  • 保育内容健康の指導法
  • 子どもの保健
  • 障害児保育
  • 教育課程論
  • 保育実習演習Ⅰ
  • 教育相談

3年次保育実習Ⅱ(施設)、保育実習Ⅲ(保育所)、教育実習一次(幼稚園)などの実習を行います。
演習科目の履修により、実際の保育に対応できる力を養います。

教育実習演習

草信 和世

本科目では、教育実習の事前指導と事後指導をおこないます。幼稚園への理解を進め、実習に対する心構えを学び、態度を身につけ、実践のシミュレーションをして、実習に備えます。実習後には振り返りをおこない、自分の課題を明確にします。

  • 保育・教育の方法と技術
  • 臨床心理学
  • 乳幼児発達障害
  • 引き歌い演習
  • 保育実習演習Ⅱ
  • 特別支援教育

4年次教育実習二次(幼稚園)の実習をはじめ、学習・実習の総まとめとして保育・教職実践演習を学びます。卒業研究にも取り組みます。

保育・教職
実践演習

近藤 千草

本科目は、保育士や幼稚園教諭になるために受講する大学4年間の総まとめの科目です。これまで学んだ保育・幼児教育の知識を活かし、園のパンフレットを作ったり、後輩に向けて実習の心構えや子どもの様子を伝えたりと、先生になりきって学習します。

  • 卒業研究演習
  • 卒業研究
  • 教育実習演習

カリキュラム

人材育成目標

広く社会に対する感謝の心と使命感を持ち、教育・保育に関する専門的な知識・技術を活かして、奉仕する女性を育成する。

カリキュラムの特色

幼保連動カリキュラムにより、1年次より保育者として必要な5つの力(教育・保育に関する専門的な技能、乳幼児の心身の発達に関する理解、表現力、問題発見・解決力、使命の自覚と社会奉仕の精神など)を習得することができます。

  • 必修科目(16単位)
  • 選択必修科目(68単位以上)
  • 選択科目(14単位以上)

カリキュラムは2019年度のものです。
掲載内容については変更する場合があります。 *必修科目

カリキュラム
【音楽関係の授業内容】
  • 1年生では子どもの歌を多数覚える歌唱練習、バイエル教則本をマスターするためのピアノ個人レッスンなどを学習します。
  • 2年生ではクラシック曲によるピアノ個人レッスンを通して、ピアノ演奏能力の更なる向上、また子どものためのオペレッタ・合奏などを学びます。
  • 3年生では現在よく歌われている子どもの歌を中心に、実習や保育の現場で役立たせることができるように、歌いながらピアノで伴奏する技術を学びます。
  • この他、2~4年生では楽器の奏法や歌唱法(歌い方)を学ぶ授業や、実際に音楽を子どもに指導する方法を学ぶ授業があります。

卒業研究テーマの一例

  • エリック・カールの絵本の魅力について
  • 小児病棟保育士の役割
  • むし歯予防のための教材製作
  • 認定こども園制度の経緯と現状
  • 森のようちえんにおける保育者の援助
  • ボックスシアターの制作
  • ショパン「子犬のワルツ」の研究と演奏
  • キャラクター弁当について
  • 知的障害者の就労支援
  • 日本のモンテッソーリ教育の実態