4年間の学び

1年次心理学にはさまざまな分野があることを、学問の成り立ちと共に学びます。
心理支援に関わる現場に触れる機会もあります。

基礎ゼミ

桂 瑠以

自ら調べ考える学習がスタートします。授業への参加の仕方からレポートの作成の書き方まで、具体的に紹介します。これから学ぶ心理学についても、グループ学習を通して体験しながら、楽しく接していきます。

  • 心理学概論(基礎)
  • 心理学統計法
  • 心理実習(入門)
  • 臨床心理学概論

2年次心理学の基本となる「科学的な捉え方」や研究法について勉強します。
心理学の各分野にも具体的に触れていきます。

心理学実験
(基礎)

田中 裕

実験実習を通して、いろいろな心理学のテーマに触れ、こころを測る方法(心理学測定法)の基礎を学びます。問題の立て方、図表の書き方、結果のまとめ方など、レポートの書き方がしっかりと身につきます。

  • 心理学研究法
  • 認知心理学概論
  • 社会心理学概論
  • 発達心理学概論
  • 教育・学校心理学

3年次公認心理師の資格取得を目指すか心理学を広く学ぶか、
自分の方向性に合う演習/ゼミナールを履修し、専門的なまなびを深めます。

心理演習

松原 由枝

「心理演習」は、公認心理師を目指すうえで重要な科目です。ロールプレイも交えて、援助の進め方を具体的に理解します。その理解は「心理実習(基礎)」に役立て、さらに仕上げとなる4年の「心理実習(応用)」に活かします。

  • 心理学ゼミナール/心理演習
  • アンケート調査法(基礎)(応用)
  • 心理実習(基礎)
  • 心理学特殊講義Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

4年次各自の目指す方向性に応じて専門の学習を深めながら、
4年間の仕上げとして卒業論文を作成します。

特殊研究

佐藤 哲康

「特殊研究」では、先生と相談しながら研究テーマを決めて取り組みます。書物や文献なども参考にしながら、調べた結果を元に、自分の考えをしっかりと構成して論じます。テーマを深めて大学院を目指す場合もあります。

  • 特殊研究
  • 卒業論文
  • 心理実習(応用)

カリキュラム

人材育成目標

認知・社会、発達・臨床の多領域にわたる心理学を習得し、科学的思考力、対人関係力、心理学的支援力を培って、自分らしい切り口を見出し、自己を取り巻く環境を豊かにするアプローチができる人材の育成。

カリキュラムの特色

はじめて本格的に触れる「心理学」なので、段階を追って、じっくりと、基本的な知識技術を身につけていきます。いろいろな領域の講義に触れ、自分に合った心理学のまなびを選んで、深めていきます。国家資格「公認心理師」も、1年次で心理実習(入門)を履修し、臨床の現場を見学してから、意思決定していくことができます。

  • 必修科目(20単位)   選択必修科目(40単位以上)   選択科目(38単位以上)

カリキュラムは2019年度のものです。
掲載内容については変更する場合があります。 *必修科目

カリキュラム


ドキドキしたこころを測定する
  • ヒトのこころは実験的にも測定できます。人前でスピーチした時の血圧や心拍数、そして唾液を分析することで、ドキドキ具合がわかります。
  • このような実験実習が2年次から始まります。最初は大変ですが、経験を積むと、みんな実験実施からレポート作成までできるようになります。
ロールプレイで学ぶ
  • 実験や調査の学びだけでなく、場面を設定し何かの立場の人を演じるロールプレイ形式で、実践的に学ぶ機会もあります。心理学的支援力を身につけるうえでは有効な方法です。
  • たとえば裁判では、弁護士、検察官、裁判官など、どのような立場の人が、どう関わりあって裁判が進んでゆくのか、「法廷場面」で役割を演じながら体感的に理解します。

卒業研究テーマの一例

  • 楽器選択と性格特性の関連
  • 援助要請行動の促進要因に関する研究 -対人信頼感と自己効力感-
  • 女子大学生の宗教性と自己効力感の関連
  • 女子大学生の障害者に対するスティグマ尺度と接触経験
  • 嗅覚とリップクリームについて
  • 改札選択のルート構築による安全性の検討
  • 住宅と幸福感および精神的健康の関連について