美味しい商品開発

1. 我孫子のトマト&ニンジンを使ったジャムとソース

  1. (1)2014年、生活文化学科の栄養士のタマゴたちが、千葉県我孫子市で大切に育てられたトマトを使い、トマトジャム、トマト&ニンジンジャム、グリーントマトソースの3種を商品開発しました。学園祭やアビシルベまつり、高島屋新宿店「大学は美味しい!!」フェアで販売して大好評。千葉県のイベントには必ず出店依頼がくる人気商品です。
  2. (2)ジャムやソースを使ったおしゃれな料理のレシピはこちら
  3. (3)『トマトジャム』『トマト&ニンジンジャム』『グリーントマトソース』取り扱い店

第8回「大学は美味しい!!」フェアで自分たちが開発したジャムとソースを販売する学生達

こちらの商品は以下の店舗において販売しております。興味のある方、購入を希望される方は各店舗まで、ぜひお立ち寄りください。

2. 焼き菓子の開発

生活文化学科の3年が、オリジナルのジャムを使った焼き菓子の商品開発を行いました。約20種類のお菓子を考案しましたが、美味しさにこだわり、最終的には7種類に絞り込みました。これらのお菓子は、柏高島屋の「千産千消」フェアのイベント会場で販売しました。販売終了後もお問い合わせをいただき好評でした。このことが千葉テレビに伝わり、「熱血BO-SO TV」に学生たちの商品開発が紹介されました。

学生達が商品開発した焼き菓子

3.料理の提案

フードマーケットエコ・ピア薬円台店では、年に数回「紅茶を楽しむお茶会」を開催しています。「紅茶と料理のマリアージュ」というテーマで開催されたお茶会で、生活文化学科の学生が料理の提案をしました。大好評だったこともあり、提案したお料理の商品化を目指して奮闘中です。

左は「いわい鶏のグリル・チキン・マスタードソース」右は「トマトのコンポートゼリー」

4.野菜のメレンゲクッキー

完熟トマトとポリフェノールのアントシアニンがたっぷり含まれた黒にんじん(紫にんじん)を使って、メレンゲクッキーを3種類作りました。トマトのメレンゲクッキーは淡いオレンジ色で、口に入れるとトマトの凝縮された味が広がります。
黒にんじんのメレンゲクッキーは、アントシアニンの色の変化を利用して、レモン風味でスクールカラーの紫色と涼やかな水色の2種類です。色の変化を活用した、学生たちのアイデア商品です。

野菜のメレンゲクッキー

3色の野菜のメレンゲクッキー

5.旬の野菜の川村ピクルス

旬の野菜のおいしさを詰め込んで、3種類のピクルスにしました。
左の「和ピクルス」は、生姜と青山椒の実、白しょうゆを使い、日本酒にも合うさっぱり味に仕上げました。
まん中の「スイートピクルス」は、黒にんじんを使ってきれいな紅色にし、味も酸味が気にならない甘めに仕上げました。スパークリングワインや白ワインとの相性もよく、とってもおしゃれです。
右の「カレーピクルス」はオリジナルブレンドのカレースパイスの風味が食欲を増進します。今話題のモヒートやハイボールにもぴったりです。
付け合わせのイメージが強いピクルスですが、おしゃれな1品として大好評です。

3種類のピクルス

3種類のピクルス