4年間の学び

1年次日本文化の学び方の基礎を身につけます。まず疑問点の整理と解決方法から。
何をどのように調べるかを学びます。

基礎ゼミナール

及川 祥平

基礎ゼミナールでは口頭発表やレポート執筆のトレーニングをし、大学での学びの基礎を身につけます。文献の批判的な読解、問題提起の仕方、データの集め方や、説得力のある主張を組み立てて効果的に提示する方法を、演習形式で実践的に学んでいきます。

  • 日本文化入門
  • 日本文学史
  • 日本語学
  • 日本の美術(1)
  • 日本の民話・神話

2年次日本文化のどの方面に自分の興味があるかを見定めます。
文学、言語、美術、民俗、伝統芸能のどれかに焦点を絞っていく時期です。

日本の美術(2)

眞田 尊光

日本では縄文時代から現在に至るまでに、陶磁・漆工・金工・木工・染織など、さまざまな分野の工芸品が優れた技術によってつくられています。この授業では、それらの工芸品に関する基本的な知識や伝統的な制作技術について、実物資料や写真・映像を通して学びます。

  • プレゼミナール
  • 日本文学と女性
  • 日本語の歴史
  • 日本の漫画・アニメ文化
  • 日本の祭りと儀礼
  • 国語科教育法1・Ⅱ

3年次興味をさらに掘り下げます。同時にゼミはかなり専門的になるため、
創意・工夫を凝らした研究方法を身につけていきます。

国語科教育法Ⅲ

山名 順子

国語の教員をめざす学生たちが、将来、教壇に立ったときに役立つスキルを身につけるための授業です。学生たちは教室の中だけでなく、放課後にも熱い議論を重ねながら教材を研究し、実際に模擬授業をすることを通して、力を合わせて実践的な能力を磨きます。

  • 日本文化専門演習
  • 国語科教育法Ⅲ・Ⅳ
  • 日本語教育演習

4年次これまで学んだことを活かし、テーマを設定し、論理的にまとめ、卒業論文を完成させます。
達成感を味わいましょう。

日本語教育演習
(日本語教育実習を含む)

長崎 靖子

日本文化学科では外国人に日本語を教える「日本語教員養成コース」を設置しています。コースの中では、日本語に関する様々な知識を学びます。3~4年次に行われる「日本語教育演習」では、提携先の日本語学校で、留学生に対する実習授業を行います。

  • 卒業論文
  • 特殊研究
  • 文献演習

カリキュラムチャート

下記開講科目は、2017年度カリキュラムです。
一部改訂される場合があります。 *必修科目

カリキュラム

カリキュラムの3本柱

2つの分野
専門教育科目は、【日本文学・日本語学系】と【日本美術・民俗学・伝統芸能系】に分けられます。【日本文学・日本語学系】の科目では、古典から現代までの文学作品に触れ、また日本語に関するさまざまな知識を学んで、日本の言語文化への理解を深めます。【日本美術・民俗学・伝統芸能系】の科目では、美術や伝統芸能、さらには日本の風俗や生活文化を学び、芸術や宗教などを含めてさまざまな角度から日本文化について探求します。
実技科目と演習科目
【実技科目】カリキュラムの大きな特色の一つは、書道、日舞、茶道、華道、日本画、能の仕舞・謡いなどの実技科目が充実していることです。実技科目では、自分の体を使ってそれらの実技を学ぶことで日本文化を身をもって体感できます。【演習科目】もう一つの特色は、1年次の基礎ゼミナールから始まって4年次の文献演習まで、切れ目なく演習科目を履修する仕組みになっていることです。演習科目では教員のアドバイスのもと少人数で研究の仕方を丁寧に学び、仲間との討論を通じて自分が関心を持つテーマに関する研究を深めていくことができます。

卒業研究テーマの一例

  • 『源氏物語』における女性の出家について
  • 星新一『セキストラ』に関する一考察 ―ストーリ―とプロット分析を軸として―
  • 夏目漱石『夢十夜』 ―「第一夜」・「第三夜」の考察―
  • 乳幼児期におけるジェンダー意識形成の研究 ―絵本を資料として―
  • 漢字表記から見た名前の変遷
  • ファッション用語における外来語の表記のゆれについて
  • 菱田春草の画法の変遷 ―猫を中心に―
  • 『鳥獣人物戯画』甲巻にみる遊びについて
  • 安倍晴明伝説 ―常陸国と讃岐国の出生説―
  • 蛇の説話と信仰の形