教員について

指導教員について

 
◆修士論文指導教員選定資料(「教育学特別研究」の内容)
 
教授 猪瀬 義明
 特別支援教育研究で、修士論文の作成に向けた指導・助言を行う。現在、小学校の通常学級や支援学級等には、特別な教育的ニーズを必要とする児童が多数在籍している。そのような児童の教育的ニーズとは何か、指導・支援の内容・方法はどのようなものが望ましいか等の研究が急務になっている。その究明のため、教育現場と連携を図りながら、授業研究等を通して実践研究を深め、より具体的で実効性ある指導・支援の内容・方法について研究していく。

教授 内海﨑 貴子
 道徳教育(人権教育)研究で、修士論文作成に向けた研究指導・助言を行う。当該領域の基礎的基本的文献購読により、道徳教育研究の視点を養う。その後、研究方法について指導する。具体的には研究課題の選択、先行研究の整理と把握、研究の有効性についての検討を経て、論文作成を指導する。担当者の専門領域から、道徳教育/人権教育/ジェンダー平等教育の教育方法/授業方法、教材研究開発などが中心となる。教育現場の実践に有効な修士論文の作成をめざす。

教授 田中 孝一
 教科教育研究において、特に国語科教育に関わる研究を進める学生に対し、修士論文の作成に向けた継続的な指導・助言を行う。修士論文の作成においては,特に学校における国語科の授業を念頭に置いて、目標論、指導論、評価論、教材論、教育課程論等の立場から総合的に研究を進める。また、国語科教育史の立場から、現在の国語科の様々な課題等について、先行研究を踏まえつつ整理を行い、国語科改善の方途を検討する。併せて、中教審等による教育課程の改善の動向も見据えつつ、教育課程における国語科の役割等に関しても検討する。

教授 原田 耕平
 教科教育研究で、とくに算数教育に関わる研究を志向する学生に対し、修士論文の作成に向けた継続的な指導・助言を行う。修士論文の作成では、理論と実践の往還による実証的研究を通じて、研究の有用性を明確にしていく。ピアジェ発生的認識論・発達心理学をベースにした教授法、算数学習における子どもの誤り(error)の研究等、とくにフランス語圏を中心とした最新の研究を紹介し、修士論文の作成を支援する。また、修士論文の作成では、先行研究の把握が重要であり、国内外の専門雑誌および専門図書など、文献収集の方法についても紹介する。

 
◆教員紹介
 
教授 原田 耕平(はらだ こうへい)
教育学専攻長、児童教育学科教授、教育学修士、「算数・数学教育を学ぶ会」(茨城県)研究助言者

担当科目 算数科教育の理論と方法、算数科教育実践演習、教育学特別研究(修士論文指導)
専門分野 算数・数学教育学、比較教育学、教育方法学
研究テーマ ピアジェ発生的認識論および発達心理学をベースにした算数・数学教授法の研究、算数・数学学習における子どもの誤り(error)およびミスコンセプション(misconception)に関する研究、算数・数学学習における教育ソフト利用についての日仏比較文化的研究など。近年では、科学研究費研究によって小学生を対象とした図形認識の発達研究を継続している。

教授 猪瀬 義明(いのせ よしあき)
児童教育学科教授、教育学士、日本重複障害教育研究会会長、(社)松の実会評議員

担当科目 特別支援教育の理論と方法、特別支援教育実践法、学校経営特論、教育史特論、
教育史演習、教育学特別研究(修士論文指導)
専門分野 特別支援教育、学校経営論
研究テーマ 特別支援教育の現状の課題と展望について「理論」と「実践」の両面から研究を進める。特に、「地域福祉と特別支援教育」について、地域社会・教育現場等と連携しながら、上記の研究課題を追究している。最近では、インクルーシブ教育の実現に向けたユニバーサル・デザイン研究、特別支援教育推進コーディネータ養成研究を推進している。

教授 内海﨑 貴子(うちみざき たかこ)
日本文化学科教授、文学修士、鎌ヶ谷市男女共同参画懇話会会長、文京区男女平等推進会議副会長、
我孫子市小中一貫教育推進委員会委員長

担当科目 道徳教育の理論と方法、道徳教育実践演習、教育学特別研究(修士論文指導)
専門分野 教育学、人権教育(男女平等教育)
研究テーマ アンチ・バイアス・メソッドに基づく「差別体験授業」の実践及び教育方法の研究、DV環境下における子どもへの暴力防止教育教材開発と指導法の研究、教員養成におけるジェンダー視点導入の必要性についての共同研究、日本教育学会特別課題研究「スクール・セクハラ問題の総合的研究」の共同研究、関東地区私立大学教職課程研究連絡協議会研究部会研究「教員採用試験における適性検査問題の実態調査」の共同研究を行っている。

教授 田中 孝一(たなか こういち)
児童教育学科教授、学校教育学修士

担当科目 国語科教育の理論と方法、国語科教育実践演習、教育学特別研究(修士論文指導)
専門分野 国語科教育法、国語科教育課程論、教育課程論
研究テーマ 教育課程における国語科の位置と役割について、歴史的・通時的な視点、共時的な視点の双方から研究している。また、学習指導要領等国の教育課程行政の在り方について、国語科教育改善の視点から研究している。

教授 福士 顥士(ふくし こうじ)
児童教育学科長、児童教育学科教授、理学博士

担当科目 理科教育の理論と方法、理科教育実践演習、生活科教育の理論と方法
専門分野 理科教育学、生活科教育学、物理化学、認知科学
研究テーマ 理科教育のカリキュラムと指導法に関する研究、生活科カリキュラムと評価に関する研究、分子の構造と運動に関する研究、視覚の情報処理に関する研究。

教授 坂口 早苗(さかぐち さなえ)
生活文化学科長、生活文化学科教授、保健学博士、日本公衆衛生学会認定専門家、
日本衛生学会評議員

担当科目 保健科教育の理論と方法、保健科教育実践演習
専門分野 保健・健康教育、保健衛生学、公衆衛生学
研究テーマ 保健科教育における食環境の研究、飲酒・喫煙・薬物の予防と依存対策の研究,感染症予防と感染者理解に関する研究、いのちの教育に関する研究等を行っている。

教授 尾見 敦子(おみ あつこ)
児童教育学科教授、教育学修士

担当科目 音楽科教育の理論と方法、音楽科教育実践演習
専門分野 音楽教育学(家庭教育・幼児教育・初等教育における音楽教育)
研究テーマ 就学前教育、小学校教育、および教員養成(保育者・小学校教諭養成)における音楽教育の理念、カリキュラム、教材と指導法の研究を行っている。音楽の持つ協同性に着目した幼小接続の音楽活動プログラムの実証的研究が最新の研究課題である。これまで、ハンガリーの音楽教育の研究、教科書の比較研究、わらべうたやアカペラ合唱の実践等に取り組んできたが、それらは現在も継続中の研究テーマである。

教授 蓮見 元子(はすみ もとこ)
心理学科教授、臨床心理士、学校心理士、言語聴覚士

担当科目 発達心理学特論、学校カウンセリング
専門分野 発達心理学、教育心理学、発達臨床心理学
研究テーマ 子どもはいかに言語を獲得し、内的世界を構築していくのか、言語獲得とその障害について研究している。言語獲得は、表象機能の発達によるところが大きく、その基礎となる心像(イメージ)の形成について、描画、語彙、文法、談話などの言語機能に焦点をあてて研究している。現在は、生涯発達心理学の視点から、児童期の子どものコミュニケーション能力や高齢者の認知障害についても研究している。

准教授 馬上 美知(まがみ みち)
児童教育学准教授、教育学修士

担当科目 教育思想特論、教育思想演習
専門分野 教育哲学、教育思想、教育学
研究テーマ 包括的社会とはどのような社会であり、それを支える市民教育のありかたや学校の役割について研究している。特に、現代正義論の領域で近年注目されているマーサ・ヌスバウムの思想研究に注力している。また、民主的市民教育の取り組みとして、プロジェクト・ベース・ラーニングをカリキュラムの柱とする学校の見学を行っている。

専任講師 松本 祐介(まつもと ゆうすけ)
児童教育学科専任講師、修士(教育学)

担当科目 体育科教育の理論と方法、体育科教育実践演習
専門分野 体育教育学、スポーツ教育学
研究テーマ 小学校低学年を対象とした体育授業の実践的研究を行っている。特に、基礎的運動能力の向上を目指し、捕球動作に焦点を当て、評価基準の作成や学習指導論を検討している。また、小学校低学年の体育授業の新たな教材・教具の開発を行っている。

非常勤講師 京坂 和憲(きょうさか かすのり)
教育学部非常勤講師、修士(教育学)

担当科目 特別支援教育実践演習I、特別支援教育実践演習II
専門分野 特別支援教育
研究テーマ 特別支援教育における児童・生徒理解と具体的指導法について研究している。特別支援学校におけるキャリア教育研究、障害児教育における個別指導プログラム作成に関する研究、自閉症児におけるコミュニケーション機能に関する研究等を行っている。