日本文化学科オリジナル缶バッジができました!

昨年8月に誕生した日本文化学科オリジナルキャラクター「大和ふみか&愛犬きなこ」。
これまでに、春夏秋冬バージョンや割烹着バージョンなど、さまざまな「ふみか&きなこ」のイラストが誕生しています。
オリジナルグッズも “しおり” “ペーパークリップ” があり、学生はもちろんのこと、オープンキャンパスに参加した生徒のみなさんにもお配りしています。
いろんなグッズがある中で、学生からの一番の希望は缶バッジ。「ふみか&きなこの缶バッジが欲しい!」「学園祭やオープンキャンパスで身につけて、日本文化学科とキャラクターをアピールしたい!」と強い希望がよせられ、この缶バッジが実現しました!


バッジのデザイン案は「日本の美術(2)」(2018年度後期)の授業の課題として募集し、投票の結果、1年生のN.S.さん作成のデザインが選ばれました。日本を象徴する「富士山」、オリンピックのエンブレムでも注目の「市松模様」など、日本文化をアピールする素敵な缶バッジになりました。

3/24から始まる2020年度オープンキャンパスから、日本文化学科のオープンキャンパスアドバイザーが着用する予定です。日本文化学科のアドバイザーはこの缶バッジが目印です。日本文化に興味のある生徒のみなさん、この缶バッジ着用の学生を見つけたら、気軽にお声掛けください。みなさまのご来場をお待ちしています。

日文ブースでお待ちしています。