国家資格 公認心理師について

平成29年9月に新しい法律が公布され、心の健康維持促進や支援に関わる国家資格として「公認心理師」ができました。

医療・福祉・産業・教育・司法の5つの幅広い領域において、心理支援者(カウンセラー)として活躍が期待されています。

大学でこの資格を取得するためには、厚生労働省により指定された25科目を修得し、卒業後一定期間、国で定める実務等に従事することで、受験資格が得られます。

本学の心理学科では、この資格に対応した新カリキュラムを用意しています。

特に80時間以上を要する「心理演習」は(入門)(基礎)(応用)と充実した3段階を用意し、1年から始められるのが本学の特徴です。

実際に学んで、見学して、考えて、自分に合った将来を決められます。

また、本学の大学院に進み実習を含む指定科目を修めれば、修了時点でこの「公認心理師」の受験資格が得られ、更に「臨床心理士」の指定科目も修めていれば、両資格ともに受験資格取得可能となります。