公募 I 期・II期推薦入学試験の 「小論文が変わります!」

 平成30年度入試、公募推薦小論文の内容が変わります。形式は、すでに入試要項に掲載されているとおりですが、主題テーマ(内容)について、今回、新たな方針が決まりました。

 昨年までは、各学科の専門に近い内容のテーマと、共通問題の選択でした。今回、この選択形式はそのままですが、すべての内容が、より高校生活に沿ったものとなります。

 この変更は、学科の専門に直接に関わる知識よりも、高校生活の中での体験や考えたことを中心に評価を行うことを目的としています。入試では、実際の体験をもとに記述してもらうことによって、知識よりも思考力、判断力、そして表現力を重視することになります。

 共通問題はもちろん、学科の選択問題でも、より高校生の理解や経験を踏まえたテーマが出題される予定です。今回の変更は、すでにAO入試で導入された「体験報告型」入試と共通する入試改革の一環です。受験生の皆さんが、自分の体験をもとに考えたことを自由に表現していただきたいと考えています。

 

【過去の各学科共通問題について】(試験時間60分、600文字以内で解答)

  高校生になると、中学生の時よりも、することが増えたと思います。あなたに必要な

  時間を確保するためにどういう工夫をしたか、具体的にわかりやすく説明して下さい。